2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
井出治さんの超効率インバーターで世界は大激変する

前々からあったのですが、なかなか発表までこぎつけなかったフリーエネルギーではあります。

海外では売り出されているものもありますし、
スイスのリンデンという村では何十年も前から村の原動力となっています。

井出治さんという方がデゴイチという超効率インバーターを開発されたそうです。
原子力も石油も自然も要りません。
第3の起電力だそうで永久機関です。

もちろん発表には抵抗はあると思いますが、
東京電力が弱い、今でこそ! と思います。

皆さん、気が付かないだけで素晴らしい世界が実はもう在る、ということなんですね。

住みよい世の中にするためにもっと皆さん、要求してください。

下は船井幸雄さんの推薦文です。


●内容紹介(船井幸雄氏の推薦文)


井出さんの研究は本当にたいしたものです。原理もしっかりしているし、実用化に近いマシン(超効
率インバーター「デゴイチ」)も出来ている。
案ずるより生むがやすし!
この日本発の発明を一刻も早く世の中に送り込みたいものです!
新エネルギー・ルネッサンスが生み出すパンドーラの奇跡の全貌!
永久機関の原理「第3起電力」はすでに見つかっている
だから原子力も石油もなくていい!!
太陽電池、風力発電の落とし穴も詳述、アメリカで認められた研究論文も掲載!
現在の発電方法は、1831年のマイケル・ファラデーによる電磁誘導の発見以来、実に180年間全く進
歩してないわけです。ところが1995年、私が米国物理学会で発表した「第3起電力」は、それを破っ
たと言うよりも、超えたといえるでしょう。
昨年(2010年)1月、試作に成功した「超効率インバーター(デゴイチ)」は、「第3起電力」という新し
い電磁誘導を応用した装置です。
従来のファラデーの電磁誘導を応用した発電方法は、水力、風力、火力、原子力等のエネルギー資源
を必要とします。これに対し「第3起電力」を応 用すれば、天然のエネルギー資源を全く必要としな
い発電が可能です。もし実現すれば、真のエネルギーと発電方法の革命になります。それは本当に・
・・もう すぐでしょう。(エピローグより)

超効率インバーター デゴイチの謎





→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
フリーエネルギーに関する情報だけど。

気になるがちょっと眉唾。。。

保証金持ってドロンってな事にならないか、かと言って100万で車が手に入るような話じゃ、詐欺にもならんが、

この話の真相に今後注目してみます。

http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/32082320.html

日本で起こせ!!フリーエネルギーによるテクノロジー革命!!
この世界に「フリーエネルギー装置」が登場すれば、全ての

「原子力発電所と火力発電所、そして石油に頼る事もなくなります!!」

またこれらは貴方方の金銭面を負担しより多くの貯蓄も可能になります。そして何より「貧困層」がなくなるでしょう!!
フリーエネルギー装置は「自家発電」として一般家庭に利用可能になります。もちろんコストはゼロです。

Dr.ミラクルが画期的なフリーエネルギー装置を完成させました。7月〜12月にかけて国内及び海外での量産体制を進めています。


☆フリーエネルギー装置について

Dr.ミラクルがアメリカで開発した発電機とは、まさにフリーエネルギー装置のことである。 最初に 5w だけあれば、永久に、大量に、全くタダで発電することが出来る。 5w といえば、電池でも十分な量である。
これを開発したのはアメリカ人科学者で、今から 30 年前(大学時代)に、 テスラという科学者の理論をベースに、この発電機の元になるものを作った。
Dr.ミラクルが、アメリカで初めてその開発者と出会った時、あるデモンストレーションを受けた。 まず、コンセントから電源を取り、テレビを写して見せた。
そこには大きな箱が接続され、一見するとバッテリーのようであった。 実際、開発者がコンセントを抜いても、テレビは映ったままなので、やはりバッテリーだと思った。
しかし、その箱はバッテリーではなかった。
開発者はそれを“電気のミラー装置”と言った。
常識的には、テレビに電気が流れると、そこで電気が消費されて無くなるため、 継続的に電気を送り続けないとテレビは消えてしまう。
しかし、電気のミラー装置では、「電気は絶対に無くならない」と言う。
実はこの原理は電力会社も知っているらしい。
しかし、それを言ってしまうと、消費者から「電気代が高い」と苦情が出るので、黙っているだけ。
開発者は、この装置を小型のチップにし、5 ドルか 10 ドルで世界中に売りたいと考えていた。
しかし、大学卒業から 30 年間、この技術にお金を出す投資家が現れず、実現出来ずにいた。
そこで、Dr.ミラクルがその権利を買い、まずは契約金として 1000 万円をキャッシュで支払った。
その資金によって、開発者は小型のチップ化に成功した。
開発が進むと、この発電機で、1kw の電流を 21kw(つまり 21 倍)に増幅することが出来た。 当時、日本では、50kw 以上の電力が自由化され、誰が作って、誰に売ってもよかった。
そこで、松下電器の子会社に 3kw の発電機を作らせた。 それを 21 倍に増幅させれば 63kw になるので、これでビジネスになると思った。
しかし、ここでビジネス化には踏み切らず、さらに開発を続けた。 その結果、100w の電流を 210kw(つまり 2100 倍)に増幅することに成功した。
今の日本の法律では、ソーラーパネルを屋根に取り付けて発電した場合、 電力会社は以下の条件で買い取る義務がある。
・0~10kw/h 1kw/h 当たり 48 円
・10~500kw/h 1kw/h 当たり 24 円
仮に、10kw/h の発電機を一般家庭に設置すると、 一般家庭の電力使用量は平均 1~2kw/h 程度なので、残り 8~9kw/h は余ることになる。
すると、余った分を全て電力会社に買い取らせた場合、 月間収入は、8kw/h × 48円 × 24h × 30日 = 約28万円/月
もし、ソーラーパネルで最初の 100w を作れば、太陽光を使うので、ランニング・コストは 0 円である。
その 100w を 210kw(2100 倍)に増幅し、その 210kw をさらに 2100 倍に増幅する ということを繰り返すと、 いくらでも電力を作ることが出来る。
しかも、 ランニング・コストは 0 円である。
さらに、このシステムでは、箱の中で発電出来るので、 電線が不要である。
だから、山の中でも、海でも、箱を持って行ってソーラーパネルを置けば、 どこでも発電が出来る。
次に、このシステムを車に応用しようと考えた。 210kw の発電機を付ければ、350 馬力程度の車になる。
さらに、 最初の 100w だけを常に発生させる発電機を開発したことで、ソーラーパネルも不要になった。
そして、 今年の 10~11 月には、この発電機を搭載した車を 2 台、世に出す計画である。
実は、トヨタや日産にも提案したが、「そんなこと出来るわけがない」と取り合ってくれなかった。
そこで、BMW に提案してみた。
すると、BMW 本体では無理だが、子会社(M パワー)で 2 台だけなら提供出来るとのことで、 エンジンが無く、ボディに塗装もされていない状態の車を 2 台、250 万円で購入した。
そこに開発した発電機を搭載すれば、 エネルギー・コスト 0 円で走らせることが出来る。
しかも、この発電機は 210kw/hの発電が出来るので、 この車を家に駐車しておくだけで、発電分を電力会社に買い取らせて、 売電収入を得ることが出来る。
その場合の月間収入は、 210kw/h × 24円 × 24h × 30日 = 約360万円/月
そこで、Dr.ミラクルは、この車を普及させるために、量産する決断をした。
しかし、国土交通省に相談したところ、 「トヨタや日産がいるので、許可が下りるのに 3~5 年はかかる」と言われた。
それでは話にならないので、イギリスで許可を取り、日本で生産し、世界に輸出する計画である。
次に、この車のビジネス・モデルを説明する。 重要な点は、“販売”ではなく、“貸す”ということ。
つまり、車の所有権は Dr.ミラクルにあり、ユーザーには無償で貸すというモデルである。
毎月 360 万円の売電収入が継続的に得られる車に、販売価格を付けようがない。
また、使用料を取ると、権利が移行してしまうので、ユーザーの使用料は無料とする。

ユーザーが車を借りる場合の主な条件
使用料 :無料
保証金 :100 万円(契約時に支払い。途中解約の場合、100 万円全額を返金する)
契約期間 :5 年間
契約更新 :5 年後に好きな車と交換
維持費:車に掛かる税金、保険、車検代は全て Dr.ミラクル社が負担
収入 :月間の乗車時間に応じて、最大で月に 100 万円の収入が得られる。

ユーザーには月間で 100 時間乗車出来る権利が与えられ、・100 時間乗った場合 ・50 時間乗った場合 ・全く乗らなかった場合収入は 0 円/月 収入は 50 万円/月 収入は 100 万円/月、これを来年 7 月から世に出す。
デザインはイタリアの会社に依頼し、非常にかっこいい。
Dr.ミラクルは、今年 11 月より、全国の各都道府県より 2 つの市町村を選定し、 希望する家庭に 10kw/h の発電機を設置していく計画である。
それによって、家庭 1 件に付き月 30 万円程度の売電収入が得られる。
そうすると、誰もが欲しがるようになる。
しかし、どんなに頑張っても、生産能力は月産 10 万台程度。
10 年間、フル稼働しても、1000 万台程度である。 その組み立て工場は各都道府県に 1 ヶ所ずつ設ける計画で、生産は日本に限定する。
また、この発電機の部品は 48 点あり、それを東京都大田区の 4500 社の中小企業に作らせる。
家庭用発電機のビジネス・モデルは以下の通り。 発電機を各家庭に無償で貸し、それによって各家庭は電気代がタダになる。
そして、発電機を置いてくれることに対して、各家庭に 3 万円/月の管理費を支払う。
これなら、みんな設置したいと言うだろう。
しかし、どこに設置するかを決める決定権は Dr.ミラクルにあるので、 注文が殺到しても大量生産するつもりはない。
この発電機の応用分野として考えていることの例 ・ヒマラヤの氷が溶けて、湖が 2000 個くらい出来たので、一番小さい湖に発電機を設置して凍らせる。
・北極の氷をどんどん作る ・海流の流れを変えて、地球の温度を1°Cくらい下げる。
こうしたことが可能になるは、この発電機ならランニング・コストが 0 だから。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記
日本から世界へ

色々な予言者が口を揃えているかのように共通する点として、

世界が大混乱になった後、日本から始まる一つの流れが世界に広がっていく。

そんな節がある。

ラビバトラ氏はこう言った。

「世界は大恐慌による混乱期を経てプラウト主義経済による

共存共栄の社会へと徐々に移行して行くだろう。

光は極東の日本から。」

最近の記事でご紹介した超能力者ロン・バード氏も

「困難の先には次の時代をリードするたくましい日本の姿が見える」

とおっしゃった。

昔から、日本から世界へ発信する影響力とは何かを考えた。

東日本大震災の後は、日本人の精神性の高さを世界中が注目した。

なぜ、日本人はパニックにならないのか?

なぜ、そんな状況でも列を作って並ぶのか?

なぜ、モラルを守っていられるのか?

そんな疑問や驚きを世界に広めた。

その時は、これのことか?と思ったが、どうやら違うようだ。

その感動は素晴らしいが、それだけでは世界は救われない。

予言になる程だから、もっと具体的なアクションだ。

世界中が大恐慌になり、落ちてゆく。

そこで日本から発した光が世界へと広がってゆく。

そう考えると、やはりエネルギー革命ではないかと最近は常々思う。

このブログで何度も取り上げているフリーエネルギーだ。

現在、フリーエネルギーの種は沢山ある。

というか、既に完成しているが封印されている技術がある。

闇勢力の影響力が落ちるほど、自然とそれらは表に出てくるはずだ。

それは、二度も核の被害に遭い、エネルギー革命を誰よりも望んでいる国、

そして、手先が器用で精神性の高い国から生まれてもおかしくない。

更に、ロン・バード氏の言葉から妄想してみよう。

「今日本では、ネットの中に逃げ込んでいるゾンビの様な若者も多いと聞く。
でも今こそ君たちの力が必要なんだ。
それを信じて頑張って欲しい。」


これは、日本で産声を上げた革命的なエネルギーが、

ネット上で瞬く間に世界へ広がり、闇勢力も制御不能になるのではないかと想像する。

フリーエネルギーが成れば、原子力も石油も用無しとなる。

エネルギー利権などが解消されれば、生活の至る所までプラスの連鎖が起こり、

劇的に世の中は変わるはずだ。

その突破口は、日本から生まれる。

今は、そんなストーリーな気がしている。

まぁ日本発でなくてもいいのだが、

エネルギー革命を熱望する人が増え、イメージを描き、

そのイメージが一日も早く具現化することを願う。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
【緊急!拡散希望】TPPは、日本と韓国を長期的に潰す為に行う。米国公電をウィキリークスが暴露


ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は「TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ」と語った。(米国大使館公電から)

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉でニュージーランドと米国は、農地への投資制度や食品の安全性などの規制や基準を統一した「絶対標準」を定め、受け入れ国を広げることで経済自由化を進めようとしている――。
TPP交渉を主導する両国のこうした狙いが、在ニュージーランド米国大使館の秘密公電に記載されていた両国政府の交「絶対標準」を受け入れさせる国として日本と韓国を名指ししている。

交渉当局者の会話から浮かび上がった。ニュージーランドの交渉当局者は
これは国内の規制や基準の緩和・撤廃につながり農業だけでなく国民生活の多くに影響を与える可能性がある。公電は、内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公表。

アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

だから、TPPは、アメリカが破綻しそうなのを、日本の資産を乗っ取ることで解消しようというアメリカの戦略以外の何者でもないのです。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
最近は、電力不足になるから節電しろしろという風潮ですね。

本当に電力不足か!?は今日はおいといて…

こんなタイミングで「日本は明る過ぎた。少し昔に戻っても良いのではないか。」
と言っても、ちょっと負け惜しみっぽく聞こえがちですが。

世の中の著名な照明デザイナーさんは、
その道を突き詰めると、どこまでカッコよく暗くできるか…という方向に進む人が多いのをご存知でしょうか。

その昔、陰影礼讃(いんえいらいさん)という谷崎潤一郎氏の随筆がありました。

Wikipediaではこう説明があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E7%BF%B3%E7%A4%BC%E8%AE%83

まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。 こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、 日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴だと主張する。 こうした主張のもと、建築、照明、紙、食器、食べ物、化粧、能や歌舞伎の衣装など、多岐にわたって陰翳の考察がなされている。
日本的なデザインを考える上でも注目され、原研哉が『デザインのデザイン』の中でも触れている。



現代は、西洋文化の影響で、明るいほど豊かな暮らしの象徴のような価値観を持っていますが、
昔の日本家屋には、「陰翳」「ほの暗さ」の魅力、暗い灯りの下にこそ存在する「美の世界」がありました。

それだけではありません。

「光害」という言葉をご存知でしょうか。

「蛍光灯の光」が視力低下の引き金に
http://www.computeridea.net/c_keikoutou.html

環境汚染には、水の水質汚染や空気の大気汚染に加え、光の人工光汚染があります。
「光害」です。
最近の視力低下の原因は、この公害によるものと考えられる一面があります。
光の害というと太陽光の紫外線を思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、ここで問題にする光害は、紫外線のない人工光、蛍光灯やコンピュータなどのIT機器の発する光の弊害のことです。

私たちはほんの少し前まで、反射光を見る時代にいました。
光が書面にあたり、その書面を目で見ていたのです。
今の時代は、直接光る人工光源、発光体を見る時代になりました。
目が反射光をみる2~3倍は酷使することになると考えられます。
この光害を防止することが体に非常に大切なことなのです。



やはり、蛍光灯が視力低下に繋がるのではないでしょうか。

このような内容は証明するのが難しいので断言できませんが…

あるデータでは、日本の近眼人口の比率は4割強と言われてます。
要は10人に4人はメガネもしくはコンタクトしている状態です。

この率は、世界から見てもずば抜けて高い。

海外から来た人たちが日本の街を歩いて真っ先に気づくのもはメガネをかけている人の多さだという話もあります。

よくアフリカ人の視力がずば抜けて高い(6.0とか)という番組がありますが、
彼らと日本人との違いは何か?

遠くを見渡せる環境に住んでいるからとか、DNAとか色々あるかもしれませんが、
その一因は「明かり」ではないかと思えてなりません。

話しを元に戻しますと…

こんなタイミングにもう少し暗い方が良いと言っても負け惜しみのようですが、

今回、述べた理由通り、もう少し暗い方が良いのではないかと思います。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。