2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
気付けば、2012年12月22日も過ぎてましたね。

以前、書いた通り、やはり何事もなく23日がやってきました。
自然現象ではなく、人口現象がちょっと心配でしたが、
まぁネット上でここまで多くの人に知れてしまうと人口アセンションも起こせませんね。

映画のような人類滅亡も、幾つかのサイトで言うような劇的な次元上昇も当然無いだろうとは思っていましたが、
ただ、全てがデマか!?というと、そうも思えないでいます。

マヤ暦で言う長期暦の終焉は、一つの起点な気がしてなりません。
それは、世界経済が限界に近づいている点、
闇勢力の力が弱まり、新たなエネルギーの種が芽を出してきている点、
ネットの普及や311等の事故で真相に目覚める人の割合が劇的に高まってきている点、

等など、色々な面で劇的な状況の変化や飽和状態を感じるからです。

来年2013年には今の仕組みが一夜にして変わるなんて出来事があるかもしれませんね。

話は変わりますが、このブログは元々、私が人生で学んだり感じたりした真理を展開しようと思って始めました。
一番伝えたいことは「この世に生まれる目的」です。

この世に生まれる目的は霊性向上の訓練をすることだと思っています。
生まれた時に、生まれる前の記憶を忘れるように出来ているマトリックスみたいなモノ。
生まれる前には、今回のカリキュラム、学ぶべき点や大まかな試練の内容を聞き、それに同意してから生まれてくる訳です。
記憶が消される理由の一つには、その内容を覚えていては「本当の意味で魂を磨く勉強にはならないから」というのもあるかもしれません。

人によっては、怒らない訓練をするために、わざわざカーッと怒りやすい性格の体を選んで生まれてくる人もいます。
まるで、暴れ馬に乗りこなす訓練ですね(笑)

人によっては、許すことを学ぶために、やったり、やられたりのサイクル中に生まれる人もいます。
今世は誰かに騙されて、それでも相手を心から許せたらそのサイクル卒業です。
許せなければ、何度でも同様の事が巡ってきます。
騙した側は、今度は誰かに騙されるというカルマを負う事になります。

人によっては過去に作ったカルマを解消するために生まれてくる人もいます。
人にやった事は形を変えて自分に戻ってくる。
昔の人は「天網恢恢疎にして漏らさず」とか言いましたが、神はどんな悪事も見ているからというより、
宇宙の法則(システム)によって発した想念や行いは自分に返るのです。
鏡の法則と言う人もいますが、自分で掘った穴は自分で埋めなければならないというのは真理だと思います。
生まれてくる環境や条件が劣悪な人を見て「神は居ないのか!?」と嘆く人もいますが、
前世以前を知れば、事象に対する理由は必ずあるのだと思っています。

この世は、お金儲けをする為に生まれた訳では無いんですよ。
良い方向に舵を切っている場合は、必要な時に必要な物がやってくる訳です。
守護霊様がそう仕向けてくれるわけです。

どっかの宗教に入らなくても心理は学べますよ。いや、宗教なんぞに頼ると心理を見失いますぞ。
この世は無の記憶から始まりますが、玉石混合の色々な価値観に触れ、その中から真理を掴み取れた人は、今世の羅針盤を手に入れたようなものですよ。

。。。と、まぁ、こういった内容を伝えたくてブログを始めました。
また、このブログでは裏社会とか闇勢力とか呼ばれる独裁者達が地球を支配し、
表の世界を動かしている現状についても多々触れてきました。
最近多く書いた選挙記事にしてもその一端です。

この星では、悪魔と天使の戦いが行われているということです。
どうやら日本という国はこの星では精神レベルが一歩高く、闇勢力は日本人が邪魔でならないという事も知りました。
だから、戦後GHQによって日本人骨抜き政策を行った訳ですが、
それでも日本人の奥底に眠る高い精神性や真理に目覚める事を恐れているのです。

ホントは闇勢力がどうこうなんて事は記事にしたくないのですが、
今世は日本人として生まれ、こういった事実を知ってしまった私としては、
微力ながらこういった情報をより多くの目覚めぬ志士に伝えることも、また一つの課題ではないかと考えた訳であります。

昨今では、「スライヴ」などの映画でも事実を発表するようになり、
陰謀論という言葉を使う人は勉強不足だと言える程、多くの方がその真実に触れる時代になりました。
これもまた、長期歴の終焉時期との関連性を偶然とは思えないでいる次第です。

全てがあと少し。
夜明けが近づいている。
そんな思いがします。

今年初めに、このブログは今年いっぱいは続けようと思うと書きましたが、
何か不完全なので、もう少しマイペースに書いていこうと思います。

来年も宜しくお願いいたします。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
フリーエネルギー近し!

原発が無いと電力が維持できないという、既にバレバレの嘘!
昔から隠蔽されてきたエネルギーが徐々に表に出てきている。
もう時間の問題ではないだろうか。

脱原発!代替自然エネルギー/オオマサガス(OHMASA-GAS)/酸・水素ガス




ベンジャミン氏のサイトでも面白い情報が展開されています。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/

先日の講演会に参加してくれた男性が、会場である物を僕に見せてくれた。それは、既に発売されている『水と塩で発電するLEDランタン』という商品で、今までに度々握り潰されてきた技術が商品化されたものだった。

http://www.green-house.co.jp/products/life/led/ledlight/gh-led10wb/

これは、今のところアウトドアや災害時などの非常用として販売されているようだが、8時間ごとに塩水を交換しながら1回で最大120時間も発電し続け、しかも海水がそのまま使用できるという点は非常に意義深い。研究を発展させ、大型施設を海辺に建設すれば、当然ながら火力発電も原子力発電も必要なくなる。この先、こうした技術の商品化に不当な圧力が掛かるようなことがあれば、たとえ喧嘩をしてでも、それらの企業を守っていくべきだ。 海外と同様に、日本では今までにも再三、そうした画期的な発明への取り組みが行われてきたのだが、その度に工場が爆破されたり発明家や研究員が殺されたりして、商品化への道は閉ざされてきた。数年前にも大阪の企業が水で走る車の公開実験を行い、国内外のマスコミの注目を集めたことがあったが、結局はすぐにその企業へと圧力が掛かり、さらには詐欺の烙印を押されて、その水で走る車の技術は握り潰されてしまった。こうして握り潰された技術の事例は、他にも見られる。

http://oriharu.net/jgene.htm#ERR

この商品については2002年3月26日の日刊工業新聞27面でも紹介されていた。そしてこの商品は実際に2万個ほど製造されたのだが、日本では政府によって販売中止が命じられ、そのまま封印されてしまった。

今週ヨーロッパにおいて、以前にも紹介したKeshe財団が反重力装置を含む『封印された技術』をホワイトドラゴン関係者の前で実演してみせる予定だという。この財団は、それらの技術を無償で人類に提供しようとしているのだが、・・・・・・・・・・・・・・・

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:伝えたい事 - ジャンル:
暫くブログ放置が続きました。

2012年も残すとこ僅かですね。

以前から2012年には何が起こるか!?

色々な想像をしていましたが、

ここ最近は、2012年らしい!?出来事も沢山あるように思います。

更新に間が空いたので、ちょっと古い情報になるかもしれませんが、

個人的に2012年らしい出来事といえば、

①南極大陸で古代ピラミッドが3つ発見される?(国際共同探検チーム)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52099328.html

②バミューダトライアングルの海底に水中都市の跡が発見される!
http://rocketnews24.com/2012/10/25/260498/

→今までの歴史が一変してしまいそうな事実です。
 ムー、アトランティス説が確信に変わるかもしれません。

③巨大ハリケーンなど、世界異常気象
http://www.y-asakawa.com/Message2012-2/12-message109.htm

そして、一番はこれかな。

④ニビルの接近、イギリスでは見えているらしい 
http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2012-10-02-2

ついに来たニビル
http://www.funaiyukio.com/ikedaseiji/

二ビルについては賛否両論あるものの、
イギリスでは既に太陽が二つあるように見えるとか?
また、例のごとくこの星の研究者はちょこちょこ消されているとか?

否定論者の意見を聞くと、NASAなどを信用する上に成り立つ、
世の中の裏が見えていない意見のように感じるので、やはり来ているのかもしれません。
まぁ、結論は近い未来に明らかになるはずなので楽しみです。

実際、来ていたとしたら地球に及ぼす影響も諸説あり、
中には1000メートル級の津波が来るとか「どうあがいてもTHE ENDでしょう。」って意見もあります。

まぁそれはそれで、滅多に経験できない良い時期に生まれたなってことを楽しもうと思っています。

色々なネタが挙がってきていますが、

彼らが人口淘汰するための情報操作している可能性を含め、
これからも注意深く情報精査をしていきたいと思います。



→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
またまたサボリ気味です。

原発も政治も経済も・・・最近では何もかも腐ったシステムだったことが陰謀論者でなくても知るようになりました。

民主主義など初めからなく、選挙前になるといつもの三文芝居がまた始まります。

だからといって、そんな理不尽な内容をブログにするのも無意味な気がしており、なかなか更新頻度が落ちています。

そういえばブログのタイトル、アセンション・・・

タイトルからかけ離れた!?ことばかり書いていた気もしますが、

最近はちょっとアセンションっぽい情報もありますね。

「南極で古代のピラミッドが3つも見つかったと研究チームが発表」というニュース。
http://rocketnews24.com/2012/09/04/245527/

ancient-pyramids-found-in-antarctica.jpg

欧米の研究者で構成された国際的な研究チームが、「南極にある古代ピラミッド」を3つも発見したという。

こちらの記事によると、こうあります。

サ・ルー・サとの対話9/4:南極のピラミッド発見について
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/172866c7f4ae3f9c20fd208c22da3f10

今回発見されたピラミッドは皆さんの文明に膨大な知識を開放する可能性を秘めています。その知識は正しく用いれば、素晴らしいツールになる可能性があります。これらのピラミッドは母なる地球の主要なチャクラに位置していて、惑星のアセンションに中心的な役割を果たすことになります。このことは、皆さんのすべてが見ることのできるように写真を公開した勇敢な科学者たちも気づいています。彼らは自分たちの発見の重要性を理解していて、この発見が闇の勢力の退場をもたらすことになると考えています。

はたして真相はいかに!?

発見のタイミングとしてはバッチリな気がしています。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
宮本武蔵は剣の道を究めようと修行したが、

我々は今、アセンション進行中という次のステップに移行しやすいこのタイミングを活かし、魂の修行を行う必要がありそうだ。

最近めっきりTVに出なくなった江原さん的に言うと「霊性向上」

宇宙学的に言うと、洗心(常の心とご法度の心)。

真理は至ってシンプル。

要するに、ネガティブな思想を捨て、ポジティブ思想、感謝で生きる。

何かに心を捕らわれず、心を軽くする。

そんな生き方を意識した方が良いようだ。

言うは易しだが、これがなかなか難しいから我々は輪廻しているのだと思う。

一つの出来事でもそれをポジティブに捉えることができる人と、
ネガティブに捉えてしまう人がいる。

例えば、引っ越しをワクワクする人と、
住みなれない街をあれこれ想像しては不安になってしまう人がいる。

学校が面白い人もいれば、つまらない人もいる。

自分の置かれている環境だってそうだ。

この道を勉強すると、嫌だ嫌だと思った後に反省して感謝しなきゃ…

ってパターンもありがちだが・・・

それはそれで思わないよりは良いが、

どうやら、そのパターンよりは、何事もポジティブに受け止める癖を付けた方がよさそうだ。

天気一つでもそう。

玄関開けたら雨が降っていて、「うわ、最悪だよ。」って人もいれば、
「お、雨か。風流だなー」「涼しくて気持ちいいなー」「恵みの雨だ。植物も喜ぶだろう。」とか思う人もいる。

「こんな難問無理だよ。」って人もいれば、
「私は今試されている。ワクワクしてきたぞ」って人もいる。

これは、どっちの思想が出てくるかの癖のようなものだと思う。

難しいですね。

きっと剣の道より、心の道の方が難しいのではないでしょうか。

これからの産みの苦しみのような世の中が来るでしょう。
ワクワクしますか(笑)?

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。