2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
前回の記事には、オバマ大統領に対する失望を書きました。
オバマもバックにイルミナティなどの支援がある操り人形だと。

しかし、私が関心を寄せているサイトでは、その意見とちょっと違う意見もあるので真相は難しいところです。
http://moritagen.blogspot.com/2009/06/blog-post_2506.html

きっと、オバマがイルミナティの支援のもと、大統領になったのは本当でしょう。
しかし、闇の勢力が少しづつ崩れてきている。
前回、ご紹介した「仕組まれたアメリカ解体の真実」でも、①パパブッシュ派と、②各貴族・ロスチャイルド家・ロックフェラー家(ジェイ・ロックフェラー)などの金融資本家派③中国・ロシアなどの新興勢力と大きく分けて3つの勢力が戦っていると書いてありました。
その中で、オバマ政権は、①と②の間で大きく揺れているようです。
ですから、以前のような、簡単な勢力図ではなくなってきているようです。

オバマはバックの勢力に従う面(保守)もありつつ、徐々に自分が意図した方向にチャレンジする面(挑戦)もあるのかもしれません。


それはそうと、最近はネット上でアメリカがデフォルト宣言を起こすという記事がたくさんありますね。
そのXデーとしていくつか可能性があがっていますが、明後日の7月28日が引き金になると読む人もいます。
この日は、カリフォルニア州の発行している州債券の大口返済の期日だそうですが、どうやら返済資金が枯渇しているために、不渡りになる可能性は大きいようです。

http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message38.htm

実際のところ、どうなのか?
もし、アメリカがデフォルトしたら、その時、日本は?世界は?
そして、アメリカはドル→アメロに移行する計画を実行するのか?

色々な意見が飛び交っていますが、
この3年以内に、今まで体験し得なかった出来事がたくさん起こる気がしてなりません。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ: - ジャンル:
ベンチャミン・フルフォード氏の新刊「仕組まれたアメリカ解体の真実」が発売されたので読んでみました。
この本は、世の中の裏、本当の真実をありのまま解説している本です。
この本の情報は「独自の情報ルートから入手」としているが、情報があまりに明確に見え過ぎるので、「よくここまで調べたなぁ」と感心しっぱなしでした。




米大統領がブッシュからオバマに変わり、ちょっと期待していた私の考えは180度変わりました。
真実をあらゆる証拠付きで目の前に突きつけられたような気分です。

そして、メディアでは一切表に出ない、世の中真実がどうなっているのか。
今後、どうなっていくのか。
それが見えてくる本です。

お勧めです。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。