2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
風評被害に負けるな!

と、有名芸能人なんかが福島付近の農産物のアピールを行っている。

農家や漁業の人は大変被害を受けて同情するが、
仮に、これらの農産物が風評ではなくて、本当に危険だったら、
この活動を善意のように行っている人達はどう責任を取るのか?

そんな風に考えてしまいます。

今や東電や政府が隠蔽体質で信用できないことは誰でも解るでしょう。
テレビに出る専門家も東電に買われている人間なことに多くの人が気付いているはずです。
そんな人達が唱える「安全」を鵜呑みにして良いものか。
石橋を叩かなければならないのではないか。

そもそも、風評PRの有名人は”人の体内に入るモノを安全”と宣伝するからには、
他人の意見ではなく、自分自身で危険がないことを確認したのだろうか。
それをしていないのなら、大スポンサー企業へのご機嫌取りか!?とも疑いたくなる。

テレビで野菜などをほうばる人を見ると、浅はかな精神論に見えてならない。

そんなことをするよりも、テレビの前でガイガーカウンターを農産物に当てて見せる方がよっぽど良いPRになるのではないだろうか。
本当に放射性物質が付いていなければの話だが。

仮に危険だとしたら、出荷を行わなければ死活問題だとしても、それを世に出すことは罪である。
風評被害PRをした人間も、無知で善意だったとしても、それも罪である。


生産者は被害者であり、本当に同情する。そして、加害者になる必要はない。
東電は、これらの損害を全て補償するべきだ。

もはや、テレビを見ると突っ込みたくなることばかりな日々です。

やっぱり俳優の山本太郎さんも干されましたね。

スポンサーにとって都合が悪いことを言ったら干されるのは昔からそうですが、
ここまで大々的だと、テレビやマスコミが如何に病んでいる世界か、気付く人も続発するのではないでしょうか。

もはや、言論の自由もない。
日本は北朝鮮を下に見ているが、日本は自覚症状が無いだけで内情は似たり寄ったりかもしれない。

ちなみに、チェルノブイリに詳しい人は、「風評」などとは言わないだろう。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済
汚染水を海に放出したのは米国の命令だったとの暴露が起きている。

私は、日本がこれを行った時に、まず米国の指示であろうと考えた。

なぜなら、与党にそんな大それたことを指示できる人物はいないからだ。

事なかれ主義で、どの国を相手にしてもヘイコラ頭を下げて顔色を伺うタイプの人間が隣国の逆鱗に触れることが出来るはずがない。。。米国の指示がなければの話だ。

これを日本が行うことで日本はアジア隣国から攻められ、孤立するだろう。

震災によって日本人の人間性の高さが世界に知れてしまった訳で、同情⇒友情に行かないように、ここらで日本を被害者から加害者にさせて、アジアの仲を裂かなければならない。

また、世界はドル離れしている訳で、また昔のようにドル最強にもっていくためには、「円」という出る杭を打たなければならない

日本の悪行は米国にとっては蜜の味である。

しかし、こんなヤバいことは表沙汰にはならないだろうと思っていた。

やはり、米国の力が落ちてきているからだろうか。

天木直人氏のブログではその真相が挙げられている。

緊急配信!汚染水を海に放出したのは米国の命令だったと暴露した平田オリザ
http://www.amakiblog.com/archives/2011/05/18/#001922

 私は早朝からテレビの政治報道番組を見ている。たったいま
(5月18日午前5時45分頃)TBSの「みのもんたの朝ズバッ」
で次のようなニュースが女性アナウンサーから淡々と読み上げられた。

 平田オリザという内閣官房参与が、講演かなにかの機会に明らかに
したという。放射能汚染水を海に放出したのは米国の強い要求があった
からだ、と。

 さすがの私もこのニュースには驚いた。しかし私がもっと驚いたのは、
こんな重大なニュースが女性アナウンサーの一言で済まされたという事
である。みのもんたも、解説委員も、なにもコメントすることなくコマ
ーシャルに移って、それっきりで終わってしまった。

 あの時、私は緊急非難をメルマガやブログで発信した。

 放射能被曝の恐ろしさを世界ではじめて経験した唯一の被曝国が世界
に理由も明らかにせず、いや国民に説明なく、いきなり海に放射線汚染
水を流すなどということがありうるだろうか。

 これは日本の歴史に永久に消えることのない汚点を残すことになる。
後に続く世代に言い訳が立たない。それほどの由々しい政治決断である。

 好くなくとも、そうしないと爆発を起こすとか日本が沈没するといった
説明でもないかぎり到底容認できる政治決定ではない。

 菅首相はその決断の理由を自ら説明せよ。さもなければ総辞職せよ。
そう私はあの時緊急非難した。

 ところが今頃になってそれが米国の命令で行なったと内閣官房参与が
明かしたのである。

 これには驚いた。何でもすぐに驚く私であるがこれには本当に驚いた。

 これが事実ならばそのこと一つをもって菅内閣はいますぐ総辞職しな
ければならない。国民に信を問わなければならない。

 果たしてこの平田オリザ発言が波紋を拡げるだろうか。メディアがこれ
を追及するだろうか。野党が国会で菅内閣総辞職を迫るだろうか。

 それによってこの国の政治のいかさまがわかる。与野党がこぞって
対米従属であるかどうかがわかる。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース
3/11に大震災があり、4/11にも結構大きな地震が多発して起こった。

この流れで5/11も地震を起こすのか!?
でもここで起こしてしまったら流石にゴロが良すぎるし
人工地震だということがバレバレになってしまうだろうから起こさないかな!?

なんて思っていたら、日本以外で起きていました。

5.11はスペインで直下型の地震がありました。

地震予言、半ば的中?=ローマ空騒ぎ、スペインで現実に
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011051200069

スペイン:南東部でM5.1地震…8人死亡
http://mainichi.jp/select/world/news/20110512k0000e030005000c.html

【パリ福原直樹】スペイン南東部ロルカで11日午後6時47分(日本時間12日午前1時47分)ごろ、マグニチュード(M)5.1の地震が発生、少なくとも8人が死亡した。米地質調査所(USGS)によると、震源の深さが1キロの直下型地震。市中心部ではビル倒壊など大きな被害が出ている。スペイン政府によると、同国では過去50年で最悪の地震といい、他にも負傷者が多数出た模様だ。事態を受けサパテロ首相は現地に軍の派遣を要請した。

 また同市当局によると、この地震の約2時間前にM4.4の地震が発生。犠牲者の一部は、建物からの落下物の直撃を受けたとみられる。


----------

ここまで大胆に11日を狙ってくるようですから、
やはり焦っているのでしょうか。

スペイン地震で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済
ソフトバンクの孫さんの記者会見です。

私が言うのもなんですが、無から有を作り出すホンモノの実業家ですね。
社会を引っ張る人はこういう人物であってほしいと願う模範です。

こんなに熱い魂を持った人とは思いませんでした。
原発推進派の人には是非見て頂きたい。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済
もし浜岡原発の停止要請したのが米国だとすると、それはそれでちょっと怖いですね。

首相、「浜岡」以外は停止求めず=仙谷氏「原発政策は堅持」
http://kiyomaro.iza.ne.jp/blog/entry/2275786/

『現在テレ朝の番組で青山繁晴氏が、浜岡原発停止の要請は米国の圧力であるといっている。実は4月上旬頃から米国からこの件につき強い要請がきていたとい う。もしここがやられると横須賀をはじめとする米軍基地が使えなくなり、米軍の戦略に影響するからである。英断でも何でもないようである。』

------------

まぁ普通に考えて、米国の意に反する事を菅首相が実行するはずがないのですが…

そうだとすると、いよいよ東海地震 = 関東大震災の前準備??と考えてしまいます。

浜岡原発が逝ってしまえば、関東が終わる。
即ち、日本の機能が停止する訳で、そこまでの災害を望んでいないのでしょう。

今回の福島原発災害では、ワシングトンD.C.に日本人の大切なお金が60兆円も流れているらしい。

そのお陰もあってか!?
米財務省、デフォルト回避に向けた最終期限見通しを8月2日に延長したらしい。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-20919020110503

[ワシントン 2日 ロイター] 米財務省は2日、これまで7月8日としていたデフォルト(債務不履行)回避に向けた最終期限見通しを8月2日に延長した。

 ガイトナー財務長官は、税収が予想を上回ったことに加え、緊急の借り入れ能力温存措置により、8月2日まで引き続き合法的に国債を発行することが可能になったと説明した。4─6月期の借り入れ見通し額は1420億ドルと、半分以上減少したという。

 連邦債務の上限引き上げ問題をめぐり、議会にはさらなる時間的猶予が生まれた格好となった。

 財務省は3日、四半期入札計画について発表する見通し。アナリストは、米政府が5月10、11、12日の入札で、合計720億ドルの3年・10年・30年債を発行すると予想している。


---------------

しかし、8月2日なんてすぐきてしまいます。
その前に何かしら手を打たなければならない訳です。

当然、ヤラセのビンラディン殺害も発表したことだし、アルカイーダのテロってことに出来る環境も整ってきているように感じます。

以前、ブログでご紹介した「山梨のじいちゃん預言」では、こう言っていました。

いまは東北の地震被害をみんながすごいって思ってるんだけど
これからおこる関東の地震にくらべれば、すぐに忘れてしまうだろうってじいちゃんは言うんだよ。


もう挙げませんが、その他も色々な情報が重なってくるのがナンとも・・・

何を信じるかはそれぞれですが、危機管理をしておくことをお勧めします。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済
浜岡原発の完全停止が決まった。

一説によると、横須賀、座間、横田、厚木各米軍基地が放射能の脅威にさらされる事無く活動するためには浜岡を止める必要があるわけで、米軍からの要請があった!?という情報もあるわけだが…

どの道、菅首相が正義感で決めたことでなく裏があることは今までの行いから考えれば明白ではあるが、
何にせよひとまず良かった。

しかし、今回の原発停止決定は堤防設置等の安全性向上するまでの約2年間程ということなので根本解決ではないが…
完全永久停止に向けて多くの人が声を挙げていくしかない。

今日、たまたまTVを付けると浜岡原発停止に至った理由を解説する番組が流れていた。
要約すると、
①現在、浜岡原発所は東海地震震源地であるプレートの中心地上に存在している
②浜岡原発建設当時は、①の事実が解らなかったが建設後に判明した
  (かなり突っ込みたくなるが…)
③過去の地震頻度から計算すると、今後30年以内に87%の確率で東海地震が来る
④最新の浜岡原発5号機は、建設後に軟弱地盤であることが判明し、2009年8月11日に起きた静岡の震度6弱の地震でも地盤沈下や壁にヒビが入るなど、色々なアクシデントが発生した。
⑤東海地震の威力は④の地震の100倍程と言われている


こんな感じの内容を流していた。

視聴者の代弁役であるキャスターは解説者に
「なんでこんな頻繁に地震が起こる場所に原発を建てたのですか?」
などと突っ込みを入れてはいたが、解説者の意見に納得するような形でやり取りは進んでいく。

見ていると、なんともイライラする。

なぜ、「そもそも論」を展開しないのか?

そもそも、南海トラフの真上に存在し、地盤が軟弱だと解った時点で永久停止するなり、100歩譲って原発維持的な考えでも、他の場所に移すなりするのが正解なのは小学生でもわかる話である。

「一度建設してしまったから、移動にもお金が掛かるから難しい」なんて理由が通用しないのは、福島原発の惨事を見れば明らかである。

大地震プレートの真上で地盤が弱いと言っているのに「堤防が出来て安全性が確保できるまで停止」とか、論点がズレているとしか言いようがない。


しかし、中部電力の社長からしたらホッとしているのではないかと思う。

今回の東日本大震災で、浜岡原発に白羽の矢が立ち、浜岡停止の署名活動なんかもあった訳で、
それでも運営続行して本当に東海地震が来て浜岡が逝ったら、今の東電社長どころではない土下座行脚を行うことになっただろう。

世界中から非難を浴びる人物になることは明白であり、福島の前例がありながら原発停止をしなかったおかげで関東に人が住めなくなる日を想像すると、東電社長を誰よりも他人事で見れない立場ではないだろうか。

しかし、立場上原発停止を宣言する訳にもいかないだろう。

そんな中、首相から今回のような要請があったのはまさに助け舟ではないかと思う。

そりゃ「首相からの要請は重く受け止める」と言うだろう。

国には貸しを与えたかのように色々と要請することも不自然ではなくなるだろうし、
国民には国民の安全性を考えた一大決心をしたかのような顔ができるってものだ。

しかし、そもそも論、元から存在しないことが一番世の中の為なんだけどね。

何かヤクザを思い出すヨ。

この調子で、助け舟を待ってる原発社長が他にもいるんじゃないかな。

私の個人的意見では、原発災害のせいで税金が使われるのは解せないが、
原発が無くなる方向で税金が使われるのは納得がいく。

洋上浮体風力発電でも、地熱発電でも、宇宙太陽光発電でも、GENESIS計画でも何でも良いので早く原発に代わるエネルギーインフラを整えて、原発全廃革命を日本で起こしたい!

って切に願います。

110404hatsuden01.jpg

110404hatsuden12.jpg


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済
今まで温度が急上昇してきた3号機が、5月8日に206℃に達したらしく、以下の映像からすると、爆発したのではないかという懸念が一部の情報でまわっています。

映像は、5月8日(日)午前1時半頃、福島原発からモクモクと白煙、黒煙が上がっているモノ。
この映像を最後に、TBSライブ映像が利用停止となる。



3号機の圧力容器温度が大幅上昇 底に燃料落下?

福島第1原発3号機で、燃料を入れた原子炉圧力容器の温度が大幅な上昇傾向を示し、8日には容器上部で206度に達した。

 東京電力は、差し迫った危険はないとの見方だが「燃料が崩れて(圧力容器の)底に落ちた可能性も否定できない」として、温度の監視を強め原因を分析している。

 4月末、圧力容器上部の温度は80度台で推移。多少の上下はあるが比較的安定していた。

 5月に入り上昇傾向が顕著になったため、東電は4日、圧力容器への注水量を毎時7トンから9トンに増やした。しかし上昇は収まらず、5日朝には144度に。さらに7日夜には202度に跳ね上がり、その後も“高止まり”の状況だ。圧力容器下部の温度も上昇傾向を示している。

 東電は既に、3号機の燃料は約30%損傷したとの推定を示しているが、ここにきて燃料が圧力容器の底に落下したとすれば、過熱が進み、溶融が再度起きた可能性がある。


----------------

不幸中の幸い、風向きは西から太平洋に向かって吹いているようです。
これが逆向きだったら、既に甚大な被害が出ていたでしょう。



いつまで風向きなんかを気にする世の中が続くのでしょうか。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済
米国が借金破綻の先延ばしをしています。
最後の最後のあがきだろう。

債務上限引き上げ議論は「無責任」=ガイトナー米財務長官

 ガイトナー長官はニューヨークの米外交問題評議会(CFR)での講演で、米国の財政赤字は「持続不可能」で、米国には削減以外の選択肢はないと表明した。その上で、こうした見方で政治的意見の一致に近づいており、一部で異論があるにもかかわらず、債務上限の引き上げで政治家の同意が得られる見通しだと語った。

 同長官は債務上限を引き上げるかどうかに関する議論自体が「非常識」で「無責任」だとの見方を示した。

 同長官は、米債務上限の引き上げに至らない可能性があるとの一部の見方から、米国の信用に不安が生じる可能性があるとの懸念が一部で見られるが、有事のドル買いに示される通り、投資家による米国への信認は依然高い、と指摘した。

 さらに、米財務省は断固として強いドル政策に専心していると表明。さらに、自身が財務長官を務める限りは、米国が強いドル政策をめぐり協議することはないと明言した。

 さらに、米国に対するこうした「根本的な信頼」は米連邦準備理事会(FRB)のインフレ抑制に「大いに」依存していると指摘した上で、自身もFRBによるインフレ抑制を確信していると言及した。

 ガイトナー長官はまた、米議員が債務上限引き上げの一役を担うと述べ、6月末を債務上限引き上げ承認に向けた絶対的な期限だとし、「当然、合意に至る」と主張した。


-------------------

こんな状態なので、今まで以上に何を仕掛けてきてもおかしくない状況になってきました。

日月神示ではこう語っています。

三月三日から更に嚴しくなるから用意しておけよ、
五月五日から更に更に嚴しくなるから更に用意して
何んな事起つてもビクともせん樣に心しておいてくれよ、
心違ふてゐるから臣民の思ふことの逆さ許りが出てくるのざぞ、
九月八日の仕組 近ふなつたぞ、
この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび、
々地に成り悉く彌榮へ 戰爭(いくさ)つきはつ大道ぞ。
一時はこの中も火の消えた樣に淋しくなつてくるぞ、
その時になつておかげ落さん樣にして呉れよ、
の仕組 愈々世に出るぞ、
三千年の仕組晴れ晴れと、富士は晴れたり日本晴れ、
櫻花一二三(ひふみ)と咲くぞ。
三月十七日、ひつぐの。

   ひふみ示 キの卷 第十四帖 (二七一)


-------------------

井口氏のブログではHAARPに地震波が確認されたそうである。
http://quasimoto.exblog.jp/14695998/

あまり、危機感を煽る記事を書きたくはないが、入ってくる情報ではまだまだ危機管理が必要だと思ってしまいます。

しかし、生みの苦しみなのは間違いないように感じます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。