2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
前原氏 VS 小沢氏

解りやすい展開ではないでしょうか。

米国の言う通り動いた菅。

実は、汚染水を海に流したのも、浜岡原発を止めたのも全てアメリカの指示だと言われています。

その他にも、表には出ていないだけで色々な指示があったと推測できます。

当然、アメリカは菅を高評価しています。

小泉の時もそうだったように、売国奴ほどアメリカにとっては高評価になる訳です。

そして、前原も高評価でしょう。

よく小沢氏の政治的抹殺を試みた一人が、小沢氏の協力を得ようと考えたな~っというのが率直な感想です。

しかも金銭問題で小沢氏を叩いていたかと思ったら、その後、自らが外国人からの献金問題が発覚。

小沢氏の問題はでっち上げ説が強いが、前原氏は完全な「黒」だったのも記憶に新しい。

まぁ、お願いするからには、当然見返りを求められて当然。

小沢氏の応援条件は、人選であったが、前原氏の人選とは織が合わなかった。

前原氏は駒に過ぎず、その駒が総理になった暁には、人選はバックが決める訳で、
前原氏にその決定権は無いのでしょう。

ですから、織が合うはずがないのです。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201108/article_76.html

こんな人が総理になったら、日本は更なる暗雲に突き進むのでしょう。

もし、国民がそれを望むのなら、それも運命かもしれませんが。

もし、小沢氏サイドが勝ち、脱アメリカに進むなら、米デフォルトが早まります。

一時的には大変な世の中になりますが、その後の明るい未来が来るのも早まるのではないかと思います。

さてどうなるでしょうか。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


情報拡散希望!

こんな法案を通してはいけません。

日本は世界から狙われています。

精神性の高い日本を叩くことで自分達の思惑通り事が進むようにしたい輩がいます。

ですから、彼らが時間切れになるまで彼らの思惑を止める必要があります。

日本人が賢くならなければなりません。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ
最近は、電力不足になるから節電しろしろという風潮ですね。

本当に電力不足か!?は今日はおいといて…

こんなタイミングで「日本は明る過ぎた。少し昔に戻っても良いのではないか。」
と言っても、ちょっと負け惜しみっぽく聞こえがちですが。

世の中の著名な照明デザイナーさんは、
その道を突き詰めると、どこまでカッコよく暗くできるか…という方向に進む人が多いのをご存知でしょうか。

その昔、陰影礼讃(いんえいらいさん)という谷崎潤一郎氏の随筆がありました。

Wikipediaではこう説明があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E7%BF%B3%E7%A4%BC%E8%AE%83

まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。 こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、 日本ではむしろ陰翳を認め、それを利用する事で陰翳の中でこそ生える芸術を作り上げたのであり、それこそが日本古来の芸術の特徴だと主張する。 こうした主張のもと、建築、照明、紙、食器、食べ物、化粧、能や歌舞伎の衣装など、多岐にわたって陰翳の考察がなされている。
日本的なデザインを考える上でも注目され、原研哉が『デザインのデザイン』の中でも触れている。



現代は、西洋文化の影響で、明るいほど豊かな暮らしの象徴のような価値観を持っていますが、
昔の日本家屋には、「陰翳」「ほの暗さ」の魅力、暗い灯りの下にこそ存在する「美の世界」がありました。

それだけではありません。

「光害」という言葉をご存知でしょうか。

「蛍光灯の光」が視力低下の引き金に
http://www.computeridea.net/c_keikoutou.html

環境汚染には、水の水質汚染や空気の大気汚染に加え、光の人工光汚染があります。
「光害」です。
最近の視力低下の原因は、この公害によるものと考えられる一面があります。
光の害というと太陽光の紫外線を思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、ここで問題にする光害は、紫外線のない人工光、蛍光灯やコンピュータなどのIT機器の発する光の弊害のことです。

私たちはほんの少し前まで、反射光を見る時代にいました。
光が書面にあたり、その書面を目で見ていたのです。
今の時代は、直接光る人工光源、発光体を見る時代になりました。
目が反射光をみる2~3倍は酷使することになると考えられます。
この光害を防止することが体に非常に大切なことなのです。



やはり、蛍光灯が視力低下に繋がるのではないでしょうか。

このような内容は証明するのが難しいので断言できませんが…

あるデータでは、日本の近眼人口の比率は4割強と言われてます。
要は10人に4人はメガネもしくはコンタクトしている状態です。

この率は、世界から見てもずば抜けて高い。

海外から来た人たちが日本の街を歩いて真っ先に気づくのもはメガネをかけている人の多さだという話もあります。

よくアフリカ人の視力がずば抜けて高い(6.0とか)という番組がありますが、
彼らと日本人との違いは何か?

遠くを見渡せる環境に住んでいるからとか、DNAとか色々あるかもしれませんが、
その一因は「明かり」ではないかと思えてなりません。

話しを元に戻しますと…

こんなタイミングにもう少し暗い方が良いと言っても負け惜しみのようですが、

今回、述べた理由通り、もう少し暗い方が良いのではないかと思います。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
スマートフォンが個人の位置情報を無断収集していた事件は記憶に新しいですが、

韓国で凄いことになっていますね。

アイフォーン集団訴訟に韓国消費者2万7000人参加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110817-00000040-cnippou-kr

アイフォーンの位置情報収集による精神的被害の補償を求めるアップル集団訴訟が幕を上げた。

法務法人ミレロ(イ・ジェチョル代表弁護士)は17日午前11時、米アップル本社およびアップルコリアを相手取り、1人当たり100万ウォン(約7万円)ずつ、2万6691人を原告とする慰謝料請求訴訟を起こした。

訴訟に参加した2万7612人の訴訟人団のうち、法定代理人の同意書がそろわなかった未成年者など921人を除いた2万6691人で開始した。 これは、国内のアイフォーン販売台数が300万台以上であることを勘案すると、使用者全体の1%にならない規模。 ミレロ側は今月17日から31日まで集団訴訟参加者を追加で募集する計画という。

イ・ジェチョル代表弁護士は「個々人の同意を受けていない位置情報収集は厳然たる違法であり、消費者の権利救済のために巨大企業アップルを相手に集団訴訟を進行する」と訴訟の意味を説明した。


これは・・・裁判前に米経済の破綻の方が早そうですが(笑)

もし、裁判になってアップルが負けた日には、世界中から慰謝料返還請求の嵐が巻き起こり、
企業生命に関わるのではないかと想像します。

確かに、位置情報を無断で収集していたことは有り得ないことですが、

韓国も荒いですね。

やはり日本人とは全然文化が違うなぁと思ってしまいます。

米アップルが保有するキャッシュが、米政府の現金残高を上回ったとのニュースが飛んだかと思えば、今回のニュース。

たけき者も遂には滅びぬ になってしまうのか。

これからは何が起こっても不思議ではありません。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース
最近、いよいよ始まったなという気がしています。

世紀末と言いますか。
このシステムの崩壊です。

多くの人が感じているのではないでしょうか。

私も、経済面からのニュースや、予言などの情報など色々と見ていますと、
お互いの情報のボルテージが急に上がったと言いますか。

そんな感覚があります。

世界の経済を見てみても、
止まらないドル安、ヨーロッパ株の下落、中国は市民の怒りが溜まって一触即発状態。
予想通り、アメリカは8月2日のデフォルトを回避しましたが、次はだめでしょう。
年末にかけて紙幣価値が変わるといった予言もあるようなので、そうだとすると今回のデフォルト回避もその辺で崩れるのかもしれません。

雇用問題も大変ですね。
アメリカは失業率9%を超えています。
以前にも書きましたが、失業率は「働く意志のある失業者率」であって、働く意志が無い人は失業率に入りません。
日本で言うと、ハローワークに登録している人数ということですね。
要するに失業率なんていうのはまやかしの数字であって、実態は「否雇用者率」でないとつかめません。
これで数えたら、9%がどこまで上がるか。
想像するに、30%台はいくのではないかと思います。
日本についても、それを追う数字でしょう。
今日のニュースでは、とうとう大阪では安全神話のあった公務員にまで整理解雇のメスが入りそうなようですね。
これらの失業者を上げる話しは今度、どんどん増えていくでしょう。

以下、カレイド氏のブログから抜粋

「憎たらしいほど、よく当たる」と言われているジェラルド・セレンテ(Gerald Celente)の最新の予報では、2012年にアメリカで中産階級による革命が起こる、と“予報”しています。
アメリカが2012年までに未開発国のような状態になって、食物暴動、不法入居者の反逆、税金(不払い)反乱、および労働者の仕事を求めるデモなどによって革命がおきる、と予測しています。

ぐぅの音も出ないほど締め上げられた中産階級が、この革命の主導的役割を果たすことによって、最終的には袋小路に追い詰められて超国家体制を自ら選ぶようになる、と言っています。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-744.html

もう経済システムとして成り立っていないということです。

予言も色々ありますね。
311を的中させた、耳を傾ける価値のある予言なんかもある訳で、
そういった方の情報を見ていると、これからまだまだ地震がありそうです。
まぁ、これだけ頻繁に地震があれば、予言者でなくても解るというものです。

不景気になるほど自殺者も増える訳ですが、
世も末だと悲観的になるでしょうか。

今、莫大に膨れ上がった奴隷製造システムが音を立てて崩れようとしているのですよ。

歴史を振り返っても何度か時代の変換点があります。

明治維新が解り易いですね。
徳川幕府という絶対の存在が崩れた時でした。

その変換点に生きていた人達は、どんな気持ちだったのでしょうか。

それまで生まれた家の身分が低いだけで不条理に虐げられていた人達が陽の目を浴びた時でした。

人生の途中で生まれ変わったような気分だったのではないかと想像します。

ちょっと前に亡くなったご先祖様にも、生きてこの時代を体感してもらいたかったと思うのではないでしょうか。

よく坂本竜馬の時代劇で、竜馬の船中八策を聞いた中岡が涙を流しながら「そんな素晴らしい世が本当にくるのか」と、感動しながらも、それまでの固定概念から抜けるのが難しく、またそんな案を出したら命を狙われると心配するようなシーンがありますよね。

このシーンは今の時代に当てはまると思えてしまいます。

今、変わろうとしている。
あと何年もしないうちに、陽の目を浴びる人が沢山でてくるのに、死んでる場合ではない。

まだまだ序章です。
これから本当の産みの苦しみはありますが、
そのあとには、「あの資本主義というシステムが続く方がゾッとする」と思える時代になる。

そんな風に思います。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済
最近、韓国ブームが行き過ぎた反動が起こっていますね。

俳優の高岡蒼甫氏が、自身のツイッターで「正直、お世話になった事も多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば」と、
韓流ブームや韓流ドラマを多く放送しているフジテレビを批判したことをきっかけに共感者が多発し、フジテレビスポンサー企業の不買運動まで起こったとか。。。

確かに、私も韓流ブームには嫌気がさしていますし、なにも考えずに韓流ブームで盛り上がっている浅い人が多いことにもうんざりすることがあります。

竹島問題や最近の入国拒否問題なんかもある中、親韓(反日)のテレビ局がバッシングされるのは良く分かります。

ですが、そう思うと同時に、いつまでお互いが「自国以外は他国(敵国)」という隔たり概念が存在するのだろうかと悲しくなる面もあります。

隣国同士が相手を敵とみなし、主義主張を真っ向からぶつけあって喧嘩している。

いつになったら、精神的な大人になれるのか。

そんな事を考えていたら、昨日、変な夢を見た。

韓国人の前で、竹島問題を日本の側から主張しなければならないという変な夢です(笑)
言葉を選びながら、こんなことを言っていた。

難しい問題ですね~。
お互いが真っ向から主義主張をぶつけ合っている訳ですから。
日本からすれば、竹島は日本のものだし、韓国からすればその逆なのでしょう。
個人間の問題なら、どちらかがゴメンネって誤って終わるかもしれませんが、
国民の代表同士がぶつかると、自国民の意思を代表しなくてはならない訳だからタチが悪い。
「どうぞ、譲ります。」とか、「こっちが折れるから代わりの条件を付けてよ。」とかそんな簡単にはいきませんね。
どんな意見を出しても、多くの人が反対するわけですから。
お互いが、負ける訳にはいかないのです。
いっそのこと、お互いがパスポート無しで入れる島にしてしまって譲愛島(ゆずりあいランド!?)って名前にしちゃうのはどうでしょう・・・


とかなんとか、言っているうちに目が覚めた(笑)

目覚めてから思ったこと。
竹島うんぬんよりも、そもそも、この競争社会に問題の根源があるんですね。
自分の欲を埋めるために沢山お金を稼ごうとする。
でも、自分が勝つことにより、他人が負ける。
それが競争。

日本人が豊かになるために…。
この発想自体、他国に敗者を生む。

それでも、自分が豊かになりたい人ばかりなら、一生、竹島のような問題が付き纏うような気がします。

それともう一つ思ったこと。

竹島問題は、裏で糸を引いてい両国の関係悪化を望んでいる存在を感じずにはいられません。
両国に同じ指揮下のメンバーが分かれて、お互いをバッシングする。
アジア連合を恐れる国から見れば、竹島問題は良いネタですね。

どの道、長続きしない社会のお話しな気がします。
この資本主義という、一握りの王様と大多数の奴隷を生むシステムも終わらせなければならない。
そして、裏で糸を引いている輩の悪事の数々を白日の下にさらさなければならない。

そんな風に思います。

私の中には、日本を守らねば!と思う心と、
国という概念を超えなければ!と思う心が共存しているようです。

矛盾しているようで、必ずしも矛盾はしていないように思えます。


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。