2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
小沢新党「国民の生活が第一」解党し、滋賀県の嘉田由紀子知事が結成する新党「日本未来の党」に合流することが決定したようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000105-jij-pol

ネットでは、「おまえもか。小沢よ・・・」といったような声が沢山見られます。

これらの意見は、「解党すること=信念を捨てたこと」と捉えている訳です。

これらの意見はあまりに浅いですね。

こんな国民が大半では、日本の未来はどうしようもない。


まず、選挙とはグループ戦の椅子取りゲームみたいなものです。

より多くの椅子を取ったグループの大将が影響力を持つ。

正しいことをしたくても、椅子が取れなきゃ、負け犬の遠吠えにしかならないのです。

より多くの椅子を取るために、戦略も必要だし、時には方向転換や妥協も必要かもしれない。

まして、マスコミに敵視された小沢さんは、より長けた戦略が無ければ選挙には勝てないでしょう。

戦の方法、戦略を見て、「こいつのやり方は気に入らない」とか言ってる哀れな人は目を覚ます必要があります。

見るところはそこじゃないでしょう。

本当に大事なことは、その将軍が勝った暁に「何をするか?」でしょう!?


原発に賛成なのか、反対なのか。

消費税に賛成なのか、反対なのか。

TPPに賛成なのか、反対なのか。

「サルでもわかるTPP」
http://luna-organic.org/tpp/tpp.html


なんだかんだ旨いことを言って、日本の金をよその国に献上しようとしていないか。

国民に気づかれないように、隣国と戦争を起こそうと企んでいないか。

その政治家は、日本国民を滅ぼそうとしている輩のエージェントなのか?

それとも、日本の為の政治家なのか?

見る人が見れば明らかですが、それが解らない人が沢山いるんですね。

はっきり言うと、

今の日本がこんなに不況なのも、日本を守るふりをしながら裏で災いを仕組んでは、
寄生している国があるからです。

もし、それが無かったら日本は世界の中心地と言っても過言ではない明るい国になっていたでしょう。

その仕組みは、有識者なら誰でも解っています。

でも、怖くて反旗を翻せない。翻すほどの力がない。

なぜ、ここまでマスコミは小沢さんを叩くのか?

デッチ上げで起訴し、小沢さんの政治生命を抹殺しようとしたか?

彼が自分たちに反旗を翻す政治家だと解っているからです。

小沢さんが日本のトップになり、実権を握るのが怖いからに他なりません。

早くこのフザけたシステムを終わらせるためにも、
多くの人が目を覚ます必要があります。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:伝えたい事 - ジャンル:
暫くブログ放置が続きました。

2012年も残すとこ僅かですね。

以前から2012年には何が起こるか!?

色々な想像をしていましたが、

ここ最近は、2012年らしい!?出来事も沢山あるように思います。

更新に間が空いたので、ちょっと古い情報になるかもしれませんが、

個人的に2012年らしい出来事といえば、

①南極大陸で古代ピラミッドが3つ発見される?(国際共同探検チーム)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52099328.html

②バミューダトライアングルの海底に水中都市の跡が発見される!
http://rocketnews24.com/2012/10/25/260498/

→今までの歴史が一変してしまいそうな事実です。
 ムー、アトランティス説が確信に変わるかもしれません。

③巨大ハリケーンなど、世界異常気象
http://www.y-asakawa.com/Message2012-2/12-message109.htm

そして、一番はこれかな。

④ニビルの接近、イギリスでは見えているらしい 
http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2012-10-02-2

ついに来たニビル
http://www.funaiyukio.com/ikedaseiji/

二ビルについては賛否両論あるものの、
イギリスでは既に太陽が二つあるように見えるとか?
また、例のごとくこの星の研究者はちょこちょこ消されているとか?

否定論者の意見を聞くと、NASAなどを信用する上に成り立つ、
世の中の裏が見えていない意見のように感じるので、やはり来ているのかもしれません。
まぁ、結論は近い未来に明らかになるはずなので楽しみです。

実際、来ていたとしたら地球に及ぼす影響も諸説あり、
中には1000メートル級の津波が来るとか「どうあがいてもTHE ENDでしょう。」って意見もあります。

まぁそれはそれで、滅多に経験できない良い時期に生まれたなってことを楽しもうと思っています。

色々なネタが挙がってきていますが、

彼らが人口淘汰するための情報操作している可能性を含め、
これからも注意深く情報精査をしていきたいと思います。



→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。