2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
電車の中刷りに小泉が亀井氏を否定する内容がでかでかと載っていました。

確か、「亀井静香は戦国時代なら殺されている」といったような小泉節満載な言葉でした。

あれだけの売国政治を行って、逮捕もされないで、未だに影響力を持つ発言をする。

日本は平和ボケし過ぎなのか、国民の質がそれだけ低いということなのか、

どれだけの人がこの雑誌の中吊りに違和感を感じるのでしょうか。

自民党をぶっ壊す!との発言通りに、本当に自民党はぶっ壊れた訳ですが、

それどころか、彼のおかげで日本までぶっこわれそうになっているのです。

自分だけ助かり、日本を売る。

彼はそういうことを行ったのです。

「靖国参拝を断行して、愛国者だなぁ」っと思っているお気楽な人もいるようですが、
何のことはない、中国を怒らせることによってアメリカに忠誠を誓っただけです。

余談ですが、アメリカはアジアが結び付くのを恐れています。
お互いに仲を悪くさせる事を目的としたエージェントは、中国にも日本にも潜入しているのです。
ですから、靖国参拝はアメリカから見れば、「よくやった」な訳です。

小泉は、2002年2月18日の日米首脳会談で、アメリカに対し「日本がもっている国債は売りません」と約束したばかりではなく、

郵政350兆円をアメリカに渡すために、必死に日本国民を騙した売国奴なのであります。

こちらのサイトの情報によると、ゴールドマンサックスは、郵便局資金を専門に運用するシンジケート団を作ったそうだ。

<抜粋開始>

国家機関の最大債権者になり、その「支配者」となる手法は、ロックフェラーの「伝統的手法」である。

ゴールドマンサックスは、郵便局資金を専門に運用するシンジケート団を作り、日本政府の発行する国債だけを集中的に買い付ける目的を持ち、世界最大の「日本国債の所有団体」となる事を目的にしている。

完全郵政民営化が実行され、ゆうちょ銀行の株が外資に買収されたなら、外資はゆうちょ銀行の国債157.9兆円(2009年9月末現在)を管理下に置ける。

続きを読む<外部リンク>

<抜粋終了>

アメリカは郵政のお金に手を付けたくて必死であり、その目的を隠して「税金の無駄使い」などと嘘の大義名分を掲げて選挙戦に勝った小泉は詐欺師と呼ばれても仕方ないでしょう。

既に「小泉 売国」などのキーワードでググれば幾らでも真実の情報を目にすることができます。

政治に強いというイメージは無かったのですが(失礼)、
デビィ婦人も気付いているようです。

そして、小泉が敵対する亀井氏。

どちらが日本にとって正義でしょうか。

多くの国民が目を覚まさなければ、取り返しのつかない状況になるかもしれません。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/115-16393c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。