2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
以前、勇気ある正論を発言するイラン大統領を当ブログでも取り上げたが、今回は更に核心に迫った発言です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100924-00000508-san-int

<転載開始>

「同時テロは米国が実行」イラン大統領の国連演説に米代表団退席

 【ニューヨーク=松尾理也】イランのアフマディネジャド大統領が23日、国連総会の一般演説に臨み、2001年の米中枢同時テロ(9・11)は米政府の自作自演との陰謀論をまくし立て、米代表団が一斉に退席する一幕があった。

 アフマディネジャド大統領は同時テロについて、「強力かつ複雑なテロ組織が米国の諜報(ちょうほう)組織や軍に浸透している」「米政府の一部が、イスラエルを救うために同時テロを実行した。
このことは多くの米国人や世界中の人々が同意している」などと述べた。
なぜテロがイスラエルを救うことにつながるかなど、論理的な説明はなかった。

 米国連代表部は「予想されたことだが、アフマディネジャド氏は善良なイラン国民の代表として発言する代わりに、またしても妄想だらけの陰謀論をまくし立てた」との声明を発表した。
同大統領はこれまでも同時テロをめぐる陰謀論や反イスラエル発言を繰り返し、物議を醸している。

<転載終了>



9・11はインサイドジョブ(内部犯行)であり、経済的な利益を目的に戦争を引き起こそうとする旧アメリカ政府による犯罪行為であったことを表明したが、「何らかの手違い」で通訳が妨げられたために、スピーチの内容は参加者に伝わらなかった。

米国は、「陰謀論」だの「妄想」だの言って逃げるしかない。

「何を根拠に言っているんだ!その証拠を提示しろ!」なんて言ってしまった日には、腐るほどの証拠が挙がってきてThe Endとなってしまう。

米国にとって、この話題は、逆切れしたり反論したりしながらあやふやに終わらせて、時間が経過して周りの記憶から薄れるのを祈る他ない。

今月初旬には、米国国立標準技術院が9・11WTCビル・内部爆破証拠写真とビデオを公開するという進展情報もお目にかかれた。

http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/585.html

The International Center for 9/11 Studies(911研究国際センター:仮訳)は、昨年、情報自由法(the Freedom of Information Act;FOIA)に基づいて、NIST(米国国立標準技術院)に対して、WTC世界貿易センタービル(ツインタワー、第7ビル)の崩壊原因を調査した際に用いた全てのビデオと写真を公開するように求めました。そして訴訟に持ち込まれた結果、膨大な量の情報がようやくNISTの倉庫から開放されることになりました。NISTは同センターに、300のDVDと、合計で3テラバイトの情報を含む多くのハードディスクを引き渡しました。さらに今後、追加のデータが渡されることになっています。

隠しても隠しても、有識者の間では常識となりつつある911テロの真相。

この情報がお茶の間の常識になる日も近いかもしれません。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/120-b81c2751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。