2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
ベンジャミン氏のブログで地震兵器の可能性、証拠を挙げていますので転載します。

************

3月11日、911を超える311事件が確実に歴史の教科書に残る。

この地震や津波、そしてその後起きた原発「事故」が全部欧米の支配階級が仕組んだ日本への攻撃であった。

今回の講演会でこの攻撃は人工的に仕組まれたという証拠を出し、攻撃を仕掛けた勢力の正体と動機、今後の企みについての最新情報をお伝えします。

数年前に日本政府に対し「お金をよこさないと日本を海の底へ沈没させる」という脅しが何回もあった。

地震兵器の存在が信じられない方は、是非このペンタゴンのホームページのリンクを見てください
http://www.defense.gov/Transcripts/Transcript.aspx?TranscriptID=674

ここでは1997年当時の米国防総長がこう発言をしている
:Others are engaging even in an eco- type of terrorism whereby they can alter the climate, set off earthquakes, volcanoes remotely through the use of electromagnetic waves.
「電磁波によって天候を変えたり、地震を起こしたり、火山を噴火させたりしている勢力がいる」

又、1970年代に米国とソ連は、「お互いの国を地震や天候兵器で攻撃しない」という国際条約を結んでいる。
こういう兵器が存在しなければ、このような条約は必要ない。

日本は既に阪神大震災をはじめ何回も地震兵器で攻撃されて来た

今回の地震が起きる前も不自然な動きが沢山あった。

例えば1月17日以降東北地震の震源地にて深海探査機地球号による「地震調査」、これは特殊原子爆弾の設置のためと言われている。

そして単なる偶然だとはとても考えにくい4カ月前に福島県知事の反対を押し切って無理矢理に福島第3発電所に入れられたプルトニウム
それから地震の前日から東京大学やイタリアの専門家によって測定されたHAARPという電磁派兵器からの地震を起こす電磁波、この信号は地震が起きて直後に止まっている。他にも沢山の証拠がある。

おそらく今回の事件はHAARPと海底爆弾の両方による攻撃であった可能性が高い。

また被害を受けた原発の放射能水放水情報も海底原子爆弾の放射能を説明するための話であると推測する。

そして更に今回の事件でワシングトンD.C.に日本人の大切なお金が60兆円も流れている。

************



今回の地震が人工だとすると、それを実行した人間、金銭などで買収されて加担した人間は、許される話ではない。

日本なんて国は、国家そのものが破産真近のアメリカに大金を渡して延命させている訳だから、

残念なことに国自体が悪に加担していることになる。

しかし、以下の記事を見ると夜明けは近いかもしれない。

見直しをする国の中に日本が無いのが残念ではありますが・・・

●BRICS首脳、ドル中心の国際通貨秩序の見直し要求 2011年 04月 14日
http://jp.reuters.com/article/JPbusinessmarket/idJPJAPAN-20623120110414

[三亜(中国) 14日 ロイター] BRICS(中国、ロシア、インド、ブラジル、南アフリカ)の首脳は14日、中国・海南島での会合後に共同声明を発表し、「安定と確実性をもたらす」広範な国際通貨システムへの見直しを呼び掛け、5カ国の影響力強化に向けて新たな一歩を踏み出した。

 共同声明は、最近の金融危機で、米ドルを要とする現在の金融秩序の不備と欠陥が露呈したと指摘した。

 BRICSは、米国が大規模な貿易赤字と財政赤字を抱える状況でのドルの将来に懸念を示し、より安定した通貨システムへの変革を求めた。

 また、BRICS各国の開発銀行は、米ドル建てでなく各国の現地通貨建てで相互に信用枠を設立することで基本合意した。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/142-6f96de6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。