2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
http://satehate.exblog.jp/16224055/

みなさん、急いで動いて下さい。
福島県内の子供たちが、本当の危機です。


下記の、福島市の中手聖一さんから今届いたメールを読んでください。
殺人者である国、原子力安全委員会をたたきつぶさないと、大変なことになります。
ただの運動をしている時ではありません。
まわりに呼びかけてください。
現在の福島県内は、日毎に放射線量が増えているそうです。広瀬隆(4月20日)」

以下、中手聖一さんのメールです(4月19日付け)

広瀬さん 大変な発表がありました。

「国は、空間線量3.8マイクロシーベルト/時未満の学校では、通常通りに校舎や校庭を利用するとの考えを政府の原子力災害対策本部が示し、安全委が了承した」と報じられました。

彼らは開き直ったようです。現在の「計画避難」地区以外は、まったく誰も移動させないという意味です。
情報提供します。福島県公表データからです。
http://www.pref.fukushima.jp/j/schoolairsoil.pdf

福島市立第一小学校では、空間線量 3.4(μSv/h)、大気中放射能濃度 5.066(Bq/m3)、土壌放射能 14,743(Bq/kg) これで年間被ばくはどれくらいでしょうか?

どんなに少なく見積もっても、40ミリシーベルトはいくはずです。
食べ物は除いてです。
実際は100ミリを超えるでしょう。
どこまでいくか私には分かりません。

これは殺人です。すみません、私には言葉を選ぶことができません。
原発内で最も危険な仕事をしている大人以上の被ばくを、子供たちにさせると言う意味です。

撤回させます。大人たちの誇りにかけて。       中手



--------------

大変な事態になってきました。

国のトップが開き直ったのか、人工削減に加担することを決めたのか、

「風評」などと連呼し、危険なモノを安全としました。

一説では、枝野はテレビの前で「ただちに人体に影響はない」と連呼している裏で、自分の家族だけシンガポールに逃がしていたとか…
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/412.html

まぁ、そんな輩ばかりです。

この記事を読んだ時に、一つの予言を思い出しました。

今回の311地震を予言していた人は沢山いるようですが、その中でアメリカの予言者・Joseph Tittel 氏は、地震後の事まで語っています。

東日本大震災を予知した預言者達! 日本に危機再び…!?

アメリカの予言者・Joseph Tittel 氏。マイケル・ジャクソンの死を予言したとして有名。
今年の1月1日のラジオで原発事故と津波を予言していた。
それによれば、原発で爆発が起こり放射性物質等が漏れる大事故になる。
最初は健康に被害がないと発表されるが、それが後に間違いであると発覚し、多くの人々が病院に運ばれる事態になるという。
さらに津波が日本、中国、チリを襲う可能性があるとも指摘している。
3月15日にアップされた彼のコメントによると、日本はこれからもっと最悪な事態に陥るという。
日本の国土の半分は住むことが出来なくなり、ある地域は海に沈み、そしてまた大きな地震と津波によって被害がもたらされるという。


----------------

まぁ予言でなくても予想できる内容ですが、
放射能が安全なはずはないのです。

国が安全・安全と言い、後で危険だった場合、その責任はどうとるのでしょうか。

癌直人を初めとする政治家、東電の経営者は退陣の前に、投獄するべきだと考えていたら、井口先生が全く同感の事を挙げていましたのでリンクをはります。

素朴な疑問:菅直人や枝野幸男や清水正孝は「業務上過失致死罪」ではないのか?

もはや、国が国民の命を捨てた以上、自分の身を守らなければいけません。

一日も早く明るい未来、うれしうれしの世がきますように。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/147-093d726e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。