2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
浜岡原発の完全停止が決まった。

一説によると、横須賀、座間、横田、厚木各米軍基地が放射能の脅威にさらされる事無く活動するためには浜岡を止める必要があるわけで、米軍からの要請があった!?という情報もあるわけだが…

どの道、菅首相が正義感で決めたことでなく裏があることは今までの行いから考えれば明白ではあるが、
何にせよひとまず良かった。

しかし、今回の原発停止決定は堤防設置等の安全性向上するまでの約2年間程ということなので根本解決ではないが…
完全永久停止に向けて多くの人が声を挙げていくしかない。

今日、たまたまTVを付けると浜岡原発停止に至った理由を解説する番組が流れていた。
要約すると、
①現在、浜岡原発所は東海地震震源地であるプレートの中心地上に存在している
②浜岡原発建設当時は、①の事実が解らなかったが建設後に判明した
  (かなり突っ込みたくなるが…)
③過去の地震頻度から計算すると、今後30年以内に87%の確率で東海地震が来る
④最新の浜岡原発5号機は、建設後に軟弱地盤であることが判明し、2009年8月11日に起きた静岡の震度6弱の地震でも地盤沈下や壁にヒビが入るなど、色々なアクシデントが発生した。
⑤東海地震の威力は④の地震の100倍程と言われている


こんな感じの内容を流していた。

視聴者の代弁役であるキャスターは解説者に
「なんでこんな頻繁に地震が起こる場所に原発を建てたのですか?」
などと突っ込みを入れてはいたが、解説者の意見に納得するような形でやり取りは進んでいく。

見ていると、なんともイライラする。

なぜ、「そもそも論」を展開しないのか?

そもそも、南海トラフの真上に存在し、地盤が軟弱だと解った時点で永久停止するなり、100歩譲って原発維持的な考えでも、他の場所に移すなりするのが正解なのは小学生でもわかる話である。

「一度建設してしまったから、移動にもお金が掛かるから難しい」なんて理由が通用しないのは、福島原発の惨事を見れば明らかである。

大地震プレートの真上で地盤が弱いと言っているのに「堤防が出来て安全性が確保できるまで停止」とか、論点がズレているとしか言いようがない。


しかし、中部電力の社長からしたらホッとしているのではないかと思う。

今回の東日本大震災で、浜岡原発に白羽の矢が立ち、浜岡停止の署名活動なんかもあった訳で、
それでも運営続行して本当に東海地震が来て浜岡が逝ったら、今の東電社長どころではない土下座行脚を行うことになっただろう。

世界中から非難を浴びる人物になることは明白であり、福島の前例がありながら原発停止をしなかったおかげで関東に人が住めなくなる日を想像すると、東電社長を誰よりも他人事で見れない立場ではないだろうか。

しかし、立場上原発停止を宣言する訳にもいかないだろう。

そんな中、首相から今回のような要請があったのはまさに助け舟ではないかと思う。

そりゃ「首相からの要請は重く受け止める」と言うだろう。

国には貸しを与えたかのように色々と要請することも不自然ではなくなるだろうし、
国民には国民の安全性を考えた一大決心をしたかのような顔ができるってものだ。

しかし、そもそも論、元から存在しないことが一番世の中の為なんだけどね。

何かヤクザを思い出すヨ。

この調子で、助け舟を待ってる原発社長が他にもいるんじゃないかな。

私の個人的意見では、原発災害のせいで税金が使われるのは解せないが、
原発が無くなる方向で税金が使われるのは納得がいく。

洋上浮体風力発電でも、地熱発電でも、宇宙太陽光発電でも、GENESIS計画でも何でも良いので早く原発に代わるエネルギーインフラを整えて、原発全廃革命を日本で起こしたい!

って切に願います。

110404hatsuden01.jpg

110404hatsuden12.jpg


→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/151-738410f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。