2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
ベンジャミン氏のブログで凄い記事があったので転載します。

先週モナコで開催された57カ国の財務代理による「ロックフェラー、ロスチャイルドに支配されない新しい金融システムの秘密会議」について(因みにこの会議にデイビッド・ロックフェラーと菅直人は参加を希望したが断られた。

この記事が事実なら、世の中の水面下での動きがここまで来ていることにワクワクする。


Neil Keenan and Keith Scottについて【和訳】

親愛なるベンジャミン様

(全ての個人名はその方の仕事と/あるいは生命を守るために伏せてあります)

あなたは私のことはご存じないとおもいますが、私はAと申します。
金融(銀行)業界における多大な詐欺行為を終わらせようとする、あなたの長い期間に渡る努力と尽力を賞賛いたします。
詐欺行為あまりにも巨大なので、近代金融(銀行)制度がそのものが詐欺だといえるほどです。

先週モナコで、X氏は会議の出席者の前で彼自身ケースについて発表をしたのです。
私はそこにいたので、いまでも高揚感が続いています。
私はどの国の大臣が出席したか、どの組織が会議に参加したかはお伝えしません。
本当についに、銀行や主要な仲介業者によってなされた詐欺行為が終わりに近づいていることを具体的な証拠を見ることが出来たのです。
あなたがおっしゃる通り、57カ国の政府の代表が会議に参加していました。

現在、数百万の家族から財産の略奪に対する責任をを取る日が近づいていることが見ることがでいます。
彼らは、誠実なビジネスではなく、詐欺、ごまかし、窃盗を通じて、彼らの利益を拡大させ、銀行家の莫大なボーナスを増加したのです。
この数々の窃盗行為を目の当たりにしながら、沈黙を強制させられてきたグローバルアカウント*の保護者の一人として、大変うれしくなり、新しい日がやってくると声と上げたいのです。

訳注:*International Treasury Control (IOTC) 関連のことだと思われる

当初、予定されていた会議の始まり、ジェイロックフェラー氏は会議への出席を要求しました。
彼は招待をされていませんでしたし、これは招待者のみの会議だったのです。
X氏はロックフェラー氏に会議に来ないように告げ、二人は直面したのです。
ロックフェラー氏は地面を踏みつけ、いらつきながら、「私が誰か知っているのか?」と言いました。
X氏は、「知っています。あなたは誰でもありません」と、返事をしたのです。
ロックフェラー氏は怒鳴り声をあげ、怒り狂ったあとで、X氏は「古い世界秩序は終わり、新しい世界秩序が始まろうとしている」と話したのです。
その後、X氏はロックフェラー氏に若い世代のための勇敢な新しい世界で、彼のようなミイラはチリとなって消え去れと告げました。
ロックフェラーはいったんその場を離れて、彼のセキュリティとともに戻ってきて、無理やり会議に参加しようとしました。
X氏は彼のセキュリティを呼び、ロックフェラー氏は文字通り放り出されたのです。
私はそこにいて、それを見ていて、何がおきたのか分かりました。

会議は延期され、海上は船上に変更されました。
船は国際水域上に移動したところで、二つのヘリコプターが突然現れ、明らかに会議の妨害を意図していました。
数分以内に軍用機が現れ、尾翼を数回下げました。
ヘリコプターは明らかに威嚇を受けて、その場を去りました。
私たちは軍用機がヘリコプターの背後から、攻撃的な態勢をとっているのを見て、その場を離れないと、打ち落とすといっているのだと理解しました。

それ以上に、その会議において、合意されたことは、あなたが長い間、言い続けてきたことが証明しているように見えます。
ビルダーバーグ関係者、三百人委員会、ハザール人、CFR(外交問題評議会)など、BIS(国際決済銀行)、IMF(国際通貨基金)、そして、おそらく世界銀行は時代遅れになります。
それ以上のことして、もしも会計監査が実施されれば、5万人以上の銀行上層部に位置するような人々が逮捕されるでしょう。
私は全世界では逮捕者数は10万人近くなると信じています。
一所懸命働く人々に騙して、彼らからお金を盗んできた嘘つき、泥棒銀行家連中が捕まると思うと私は自分ひとりだけで喜ぶことはできません。

X氏はブルドッグのようにたくましく、この男性は特別なものを持っています。
(X氏以外に)一体だれが銀行によるまた一つの横領、つまり1335億ドルの債券の横領が行われているだと考えられたでしょうか?
(X氏以外に)一体だれが世界にこの債券をありかを突き止められるでしょうか?
彼らはこの債券は本物ではないと主張し、イタリア政府は言いたい放題主張していますが、これらの債券はイタリア財務省に入金記帳され、それから、アメリカの(最近公開された、未使用金の)TARP資金と呼ばれている口座の存在しています。

X氏の背後にはよく確認されているように、主要なアドバイザーとしてB氏がいます。
X氏はB氏を採用したことは賢いことです。
私が知っている限りB氏ほどこれらのグローバル口座と、これらの口座と銀行の詐欺行為の関係について理解している人いません。
B氏は今日最も興味深い人物です。
B氏はRayC. Damとは全く別の次元の人間です。
X氏とB氏は世界をよりよくする挑戦がまっています。
彼らは実現するために必要な知識、技術とリソース(ball)を持っています。
それ以上に彼らは非常に高潔な人たちであるということです。
ハザール人たちはこの世に逃げ場所がないことがわかるでしょう。
彼らがどこに行こうとも、何をしようとも彼らは捕らえられ、追跡されます。
世界は目を覚ましています。
世界はこれらの嘘つきの泥棒どもに対して、同じひどい復讐を望むでしょう。
何よりもまず、真実が明らかにされて、この泥棒ねずみたちの隠れ場所がなくなるのです。
彼らの友人や知り合いも誰一人として、手助けしないでしょう。
ねずみのように彼らはお互いにののしりあい、大衆の激怒から逃れようとするでしょう。
あなたは彼らがどうやって、ずるをして、盗んできたかを明らかにすること助け、多くの人たちをびっくり仰天させるでしょう。

このことがあなたにメールをした趣旨です。
B氏に接触する方法を探してください。
この人間の持つ金融詐欺に関する知識は膨大なものです。
彼は銀行が何をしているか、そしてどうやって解決するかを知っています。
銀行は単に人々だけではなく、政府債権も盗み、多くの国家を倒産させています。
止めなければなりません。これが止められることができるということがわかりました。
もしもB氏について疑問があるのであれば、X氏に聞いてください。
私はあなたがX氏と話をしていることを存じています。

上級財務担当 V より


注意:悪魔連中を転覆させようと勇気をもった多数のトップレベルの内部担当者が私(ベンフルフォード)に接触を持っています。X氏とB氏はその中の二人で、私(ベンフルフォード)とすでに接触しています。。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/179-64058641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。