2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
全てのアメリカ人がこうだとは言わないが、
元々、占領と殺戮から始まった国の人はDNAレベルで日本人とは異なり、
きっと戦が大好きなのだろう。

「殺す」「殺せ」に大喝采する国民性・・・

日本では考えられない霊性の低さだが、

残念ながら、これが世界から見たアメリカのイメージそのものだ!

「殺す」「殺せ」に大喝采…米共和党TV討論会

 【ワシントン=中島健太郎】米大統領選で共和党候補指名を争う5氏によるテレビ討論会が16日、南部サウスカロライナ州で開かれた。

 21日に予備選が行われる同州は保守的な共和党支持者が多いとされ、候補の多くが安全保障問題でタカ派の主張を繰り広げた。

 アフガニスタンの旧支配勢力タリバンの最高指導者オマル師がパキスタンに潜伏していた場合の対応を問われ、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事(64)は、「タリバンは米国人を殺している。我々は世界中のどこにでも行き、彼らを殺す」と主張した。

 ニュート・ギングリッチ元下院議長(68)は、サウスカロライナ州と縁が深い第7代のジャクソン大統領に触れ、「13歳で独立戦争を戦った彼は、米国の敵について明快な考えを持っていた。『殺せ』ということだ」と言い切り、会場から大きな拍手がわいた。

 一方、「小さな政府」の推進から在外米軍撤退を主張するロン・ポール下院議員(76)は「自分たちの国にしてほしくないことは他国にもすべきではない」と語り、ブーイングを浴びた。


--------

やられたらやり返す。

これは正義ですか?

そろそろやめにしませんか。

これが正義なら世界から戦争は無くならないでしょう。

なぜなら、戦争で利益が出る輩が相手の攻撃に見せかけて自国を攻撃する。
そんな自作自演で聖戦が成り立つからです。

そんなアメリカがイランと戦争したくて仕方ないようです。

理由はいつもの如く、核開発についての因縁です。
このパターンは数年前と同じで記憶に新しいですね。

イランと言えば、「911は自作自演だ。」「日本に原爆を落としたアメリカがどの面さげてこの会議に参加しているのか!?」などを面と向かってアメリカに言った有名な大統領のいる国ですね。

イランを吊るしあげたいアメリカは色々な国にイランへの経済制裁を求めて動いているようです。

中国はこの誘いにきっぱりと断りました。
そして日本は、案の定、アメリカの言うがままです。

日本の外交は無いに等しい。
なんとも情けない政治屋ばかりです。

世界平和の為に最も要らない国は罪ですが。
その国の言うなりの国もまた罪だと感じます。

世界のジャイアンであるアメリカの戦好きに振り回されるのはもう、うんざりですね。

どんな理由があっても戦争は悪なのです。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/198-bde2fa12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。