2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
新時代の若者登場
http://www.y-asakawa.com/Message2012-1/12-message28.htm

最近、ある若者が歌う「反原発ソング」HUMAN ERROR(人類の過ち)という曲がヒットし、若者の中に急激に広がっているようである。



演奏者フライング・ダッチマンは、イスラエルなど海外でも活躍している若者たちである。

<引用終了>

まさに、魂の叫びである。

発言の一つ一つに同感する。

人は防衛機能として、物事を忘れていく動物であるが、事実は目を逸らしても変わらない。
原発とは時限爆弾であり、それが一つでも残っている以上、忘れてはいけない。

311は核に依存した社会への警鐘であり、未だに再稼働云々と言っている詐欺師どもは人類の敵、地球の敵であると思う。

2012年ともなれば何が起こるか解らない。

例えば、俗に言う「暗黒の三日間」が訪れたらどうなるのだろう。

それを想像すると、極寒世界も恐ろしいが、それよりも原発が気にかかる。

電力が停止し、3日間も冷却装置が止まれば、原発はメルトダウンを起こさないだろうか?

311の事例から見ても想像に難しくない。

それこそこの世の終わりとなってしまうだろう。

その日が来るかは解らないが、そんな日が来ても大丈夫なように、一日も早く原発を撤廃しておかなければならないと思う。

そんな中、こういった若者が正論を歌に乗せ、アートにし、より多くの人の目覚めに貢献するのは凄く大きいことだと思う。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/209-c12fd388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。