2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
最近は中国との関係悪化のニュースが多いですね。

相変わらずくだらないアンケートを調査する某マスコミによると
日本9割が「日中関係悪い」と言っているようです。
http://www.asahi.com/international/update/0923/TKY201209230226.html

(この調査自体つっこみどころが満載ですが、それは置いておいて。。。)

韓国に続き、中国とも領土問題が勃発した。

気が狂ったような中国人が日本の国旗を燃やし、
皆殺しにしろという垂れ幕を掲げる。

このまま戦争になってしまうのではないかという心配も広がり、
悪しき隣人に暗い気持ちが蔓延する。。。

っと、まぁメディアの言うことを鵜呑みにしている人は、こんな心境ではないでしょうか。

ネットが広がることで、今回の茶番劇の真相を見破っている人がどんどん増えている感じがします。

今までの歴史もある一部の仕掛け人達によって同じことを繰り返してきた。

でも、ようやく多くの人がそのカラクリに気が付き始めた。

日本と中国の争い、日本と韓国の争いを望み、裏で糸を引いているのは誰か。

戦争へ発展することでメリットがあるのは誰か。

答えは明確ですね。

アジアが衰退することで喜ぶ輩。
円の価値が落ちることで喜ぶ輩。
武器をどんどん販売できて喜ぶ輩。
人口淘汰を目論む輩。


全て闇の勢力が喜ぶ出来事ではないですか。

表向きは「落ち着いて話し合いで解決しよう」というような建前を述べ、
裏ではお互いの国に煽りスタッフを雇って戦争へ仕向けようと頑張っている輩。

日米合同で島への上陸訓練
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/24/2012092400712.html

そして、自分達が自由自在にできるマスゴミを使って更に末期的状況を演出する。

これを双方の国で実施する。

火種を作った石原も、習近平も闇勢力のカードに過ぎない。

戦争を起こして漁夫の利を目論むシナリオの登場人物に過ぎない。

習近平は判り易いですね。

反日デモの参加者に金を撒いてデモの後押しをしてたっていうんだから。

デモから暴動に発展して、企業を襲ったり、死人まで出す騒ぎを起こせば愛国どころか世界から嫌煙される国になるばかり。
人件費が安くてもこんな低モラルな国に仕事は出せないとなれば、国力低下は明白です。

それを斡旋するかのような策を打つのは、我が国の野田総理と同じで米ポチ以外の何者でもない。

中国にも日本にも賢い人もいれば、浅い人はいて、

これだけ情報化社会になっているにも関わらず、
このカラクリを理解できない人もいます。

尊い命を削って、愛国心を燃やして、
やっていることは武器商人の売上げを上げること。

そんなくだらない真相に目を覚まさなければ、
いつまでたってもこのループからは抜けられない。

中国のメディアの中にも真相を語るところがあるようです。

<尖閣問題>本当の敵は日本ではなく米国、日本を「失われた10年」に追い込んだ陰謀―中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/6977179/

日本のマスコミは親分の顔色伺いばかりな訳で、こんな真相を語るところは今のところ皆無かな?

国民が賢くなれば、マスコミも変わらざるおえないでしょうから、
多くの人が三文芝居に気付くことです。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/230-4d1c1fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。