2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
日本は核兵器を持つべきか否か?

朝まで話せそうなテーマについて書こうと思います。

私は以前、持つべきだと考えていました。

敗戦したからアメリカに都合の良い憲法を作られたというのもありますが、
攻められたら攻め返すことができない国だから外交も弱気になるし、アメリカを頼らなければならない。

まるで今の日米関係はジャイアン(米国)とのび太(日本)です。

のび太から脱出する為には武力を持ち、自立しなければならないと考えていましたが…
最近ではちょっと考えが変わってきました。

目指せ!のび太→できすぎ君!

できすぎ君は、暴力を使いませんがジャイアンからのイジメに合わずに一目置かれています。

そのポジションを目指すとはどのようなことか?

世界中の国が武器を構えあって『撃ったらこっちも撃つからね。お互いに撃たないようにしようね。』という平和が成り立っています。

なんと脆い平和でしょうか。

そんな中、日本だけは丸腰を宣言してる為に周りからは舐められています。
“何故舐められるか?”と言うと、

『武器が無いから強気には出られないし…
強気なこと言って相手が怒ったら日本国民からも謝れって野次られそうだし…』

と政治家がビビッているからです。

武器を持たないということは素晴らしことです。

精神的にも一番進んでいますし、本来、日本は世界から模範とされるべきことをしているのです。
その点をバンバン出して強気に行くべきです。

日本は世界中の国にこう言うべきです。

『世界中の国が口では平和を求めているが、その平和は核で保とうとしている。
真の平和は核を捨てなければ訪れないが、我が国以外に核を捨てる勇気のある国があるのか?』

例え敗戦して米国に作られた憲法かもしれませんが、「核を持たない」世界で唯一実施しているのだから最も進んでいる国だと宣言できる内容なのです。


『もし、他国に攻められたらどうするんだ。』という意見が聞こえてきそうですね。
きっと大きな犠牲が出るでしょう。
その時は、世界にこう公言するべきです。

『我々は真の平和を目指す為に核は持たない。他国に攻められ、例え滅んだとしてもこの信念は曲げない。
どうか我々の想いを組み、核を放棄する勇気ある国が現れることを願う。
我々の想いが世界に広がらなかったら、時間の問題で地球は人の住めない星になるだろう。』
と。

このセリフは日本以外には言えないのです。
もし、攻められたとしても、それにより世界は日本の姿勢を見て“気付き”があるでしょう。
これぞ、武士道な気がします。

そして、“誰もが目指しているけど勇気が無くて到達できない境地にいる日本”が攻められたら…
他国の世論は、攻めた国を許さないでしょう。
「日本に攻める=世界中の国から嫌われる」ということになります。

米国(ジャイアン)の子分(のび太)だから、アメリカだけに利益のある理不尽な戦争にも「兵を出せ!兵が出せないなら金を出せ!」などと訳の解らない理屈を押し付けられ…
ジャイアンに好かれたい一心で金を出すもののその中途半端さが認められずに世界からは舐められ、ジャイアンは更に癖になる。

舐められた隣の国からは、国政まで口を出され、領地を取られ、拉致られ
それでも事なかれ主義で弱気な日本

いざ、本当の喧嘩になったら米国が助けてくれると信じ…
否、心のどこかでは信じていないから弱気な外交なのかもしれない。

ここは、アメリカなんかに頼らず、アメリカの理不尽な喧嘩にも付き合わず、
「うちのマネできる国がありますか?」という姿勢であえて強気な外交をしてもらいたい。

まぁあくまで、私の個人的な意見ですがね。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ
コメント
すばらしい!
感動しました。おおいに同感です!
2010/03/17(水) 05:15:23 | URL | no #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/26-11fb5979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。