2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
家柄で将来が決まってしまう時代よりは公平性があるシステムですが…

資本主義を突き詰めると必ず二極化になります。
一部の人達が巨万の富を得て、多くの人が食料難で死線をさ迷うのです。
なぜそうなるか?
資本主義とは名の通り、資本(お金)主義なので、最も価値の高いものをお金(物質)と置いた仕組みなのです。

当然ですが、世の中の仕組み・ルールは人が作っています。
お金は、ルールを作っている人ですら動かせますから、お金で大抵のことは出来てしまいます。

金持ちは政治を操作し、金持ちが更に金持ちになれるルールを作れます。
金持ちはメディアを動かし、自分達を「勝ち組=優れた人間=目指すべき人間」だという価値観を作れます。
金持ちは自分の立場を脅かす存在をお金の力で消すことができます。
金持ちには、一般人には縁のない安全性と利回りを兼ね備えた投資・運用を行えるので、格差は更に広がります。

しかし、お金(資源)は絶対量が決まっています。無限ではなく有限なのです。
世界には、世界中の人全員が余裕で生活していけるだけの食料・物資があるそうです。
しかし、誰かが独占することで均衡は崩れます。
それを良しとするのが資本主義経済。

「自由競争に勝ったのだから当然」と考える人が多くいます。

資本主義=競争社会ですから、相手を蹴落としてもお金が欲しいと思います。
中には悪事を働いても、殺人を犯してもお金を求める人もいるでしょう。
国や地球の未来よりも、目の前のお金の方が大事な人を沢山排出します。
多くの政治家もそう。年金問題もそう。
「自分の任期に問題が起こらなければ、後はどうなってもいいや」と、自分の懐だけ肥やそうとする社会を生みます。

道徳心(精神性)よりもお金が大事だからです。
そのお陰で、経済もガタガタ。
格差も広がる一方。
一握りの人が物質的に良い暮らしをし、多くの人が血眼になりながらその地位を目指し、多くの人が飢えに苦しむ…

資本主義で負け組と言われる人達は、毎日朝から晩まで働き、その暮らしに疑問を抱く余裕すらありません。
疑問を抱いたところで仕事を辞めたら生活できなくなるので自分を押し殺すしかありません。
その生活が人生の大半を占めるのです。
果たして、こんな仕組みが最も優れたシステムでしょうか?
ある時代には必要な仕組みでした。
しかし、時間が経過して突き詰めるところまで来た現在のような状況では、一部の人達の為だけにあるシステムとなってしまいました。

生涯をかけて働き抜いた人の老後すら保証できない社会…
もう資本主義という仕組みが限界に近づいています。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/3-76582569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。