2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
無宗教ですが、無神論者ではありません。

無宗教の理由は、

まず、自分の信仰する神こそが正義と主張して、戦争を起こす宗教が正しいはずがありません。

よく都内に城のような建物を構える宗教を見ますが、上層部に利益が入る宗教は、宗教ではなくビジネスと呼ぶべきです。

上記、二点に殆どの宗教が当てはまってしまうように思えます。


殆どの宗教は、結構正しいことを説いているのです。

しかし、正しい言葉の中に紛れて、自分たちに都合の良い言葉が紛れています。

信用を勝ち取った後に、都合の良いことまで信用させる…
これは詐欺の手口と同じことです。

そして、「この宗教でないと助からない」というような“囲いこみ”こそが排他的な考えへと繋がり、戦争へと発展するのです。

よくよく考えると、宇宙には無数の星があります。

その中の小さな星・地球があり、その中に沢山の宗教があり、「この宗教以外は助かりません」なんてことがあり得るでしょうか?

もし、そんな話があったら地球以外の生命体は、その宗教の存在すら知らないから助からないことになってしまいます。

無宗教=無神論ではありません。

神というか、3次元の我々から見れば神に思えるような高次元の人は当然のように存在します。

そして、宇宙に流れる絶対ルール(法則)も存在します。

私は、それを確信しています。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:スピリチュアル・ライフ - ジャンル:ライフ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/6-4dad19cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。