2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
民主党が勝つのは予想していましたが、308議席を獲得するという予想以上の圧勝でした。

国民の不満・不安の爆発が、今までの政権を取っていた自民党を見放したように思います。

「逆風が厳しいんです。助けてください!」と土下座している自民党議員がTVに沢山移りました。

国民は、選挙の勝敗はどうでもよく、どのような政治をするかに興味があるわけです。
政権を任されていたにも関わらず、この国をあらゆる面でボロボロにして、国民が愛想を尽かした状態で、選挙に勝ちたい(職にあぶれたくないから、票をくれ)と頭を下げる議員達の本末転倒ぶりに、興醒めでした。
まして、これだけの失業率大不況になった腹癒せに、「責任者の議員たちよ落選しろ」と思っている人も多いのではないかと思います。

果たして、民主党が自民党より良いか?と言うと今後次第ですが、
少なくとも、孫と遊んでいるのが似合う爺さん方から、30代、40代の若手議員になった点は良いことだと思います。
老人ホームのような国会ではなく、これからを生きていく年代の人が担った方が国政を真剣に考えられるし、パワーがあります。

また、民主党が過半数議席を占めることで、公明党の力が過半数占めに必要なくなりました。
願わくば、今まで公明党=創価学会が国政に食い込み、いかに悪事を働いていたかを炙り出し、今後、政教分離を強くして二度と公明党が力を持たないようにして頂きたいものです。

それと、数年前から始まったマニフェストに拘る流れは良いですね。
選挙の時だけ頭を下げ、当選したら偉い先生になってしまうという従来の政治家スタイルでは通用しなくなってきました。

いずれにせよ、今回の選挙は大変意味深いものだったと思います。
今後、民主党が良い方向に行こうと、悪い方向に行こうと、50余年もの自民党政権が続くよりは前進したのではないかと思います。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済
コメント
初めまして
こんにちは



最近2012年の
アセンションに深く
興味を持ち
色んな情報を知る為に
ネットで検索しています



政治の話にひとつ疑問が
ありましたので
コメント差し上げました



公明党が政教一致
していたようなニュアンスで
書かれていましたが
政教一致とゆうのは
江戸時代のように


踏み絵しなければ捕まえる


みたいな感じでは
ないのでしょうか??




公明党=創価学会の
イメージですが
創価学会は今まで
どのような悪事を
してきたのか知りたいです



私が聞いたのは
野党時代から教科書を
無料化したりドクターヘリ
の制度を作ったり
女性専用車両しかり
政治家の天下りや
タクシーチケットの撤廃などなど..



いいふうにしか
聞かないので何か
情報をお知りでしたら
MAILください



21の小娘なので
色んな事に興味津々です
2009/10/14(水) 10:03:57 | URL | ミミ #k9MHGdfk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/70-a1cd3ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。