2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
年末年始にかけて、田舎に帰郷していました。

私の田舎は本当にのんびりとした田舎で家のリビングからは畑と広い空が見渡せます。

田舎で起きた、ちょっと面白いと思った出来事があったのでご紹介しますね。

リビングから外を眺めていると、父が不思議なことを言い出しました。

父『あそこに雲が見えるでしょう。あの雲を消してあげようか?』

私『え???うん。』


すると父が指を指した雲がみるみる小さくなって消えてしまったのです。

私は驚いて偶然かとも思いましたが、その後も父が幾つかの雲を同様に消したので、偶然ではないと悟りました。

私『いつの間にそんな技を覚えたの?』

父『誰でも出来るからやってごらん。雲に向かって消えるように念じてごらん。』


そう言われて私もトライしたところ、雲がみるみる小さくなって消えたのです。

驚きでした。

誰もが発する想念は目には見えないけど、周りに影響を及ぼします。

そして雲のように形があって無いようなもの(流動的に動くもの)は、想念の影響が表れやすいのだそうです。

また、雲が消せるということは、相当強いを持つ人なら天候も左右できるということです。

あながち、アニメでよくある戦いのシーンで天候が荒れて雷が落ちる…なんていうのも外れていないのかも…

私は想念を目で見て感じたことはなかったので、楽しくなってしばらく色々な雲を消していました。

ただ、初めは薄い小さな雲を探してトライした方がわかりやすいです。

グレーがかった雲や厚みのある雲は消すまでに時間がかかるかもしれません。

薄い雲なら2~3分念じているだけで消えてしまいます。

父は、雲を消すスピードで、その日の調子を確かめているらしい…(笑)


想念とは、敏感な人は感じとることができます。

懐かしい人をふっと思い出したら、その人から電話がかかってきたなんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

感度が研ぎ澄まされているとこういったことがよくあります。

その念が目で見て体感できる方法は”雲”でした。

本当に!?っと思われた方は是非お試しあれ!

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/26(火) 23:29:36 | | #[ 編集]

玉蔵先生つながりで寄らせてもらいました。

「雲を消せる」ことができるってことを肯定的に
とらえてそれを話せる父親なんてスゴイですよ。

ウチはそういった系統の話はもちろん玉蔵先生情報も
父親はもちろん、配偶者にも話せる雰囲気なんかじゃ
ありません。

いや、本当にうらやましい限りです…

深いふかい森の中 拝
2010/02/01(月) 09:13:07 | URL | 深いふかい森の中 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/88-b3ee9b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。