2012年・アセンションプリーズ

偉そうなことは書けんが、光に向かって進もうともがいてる姿を見よ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
「そんなことありえないでしょ!」

私が一般常識を超えた情報をチョロっと掻い摘んで話すと、こう言う人が大勢います。

当然ですが「そんなことは有り得ない」という決定は、その人の常識から下されているのです。

その人の常識は、生まれ育った環境、親の常識、学校教育、メディアなどの情報、etc から作られたものですが、その常識を作っている情報は本当に正しい真実・真理なのでしょうか?

私の経験上、「そんなことは有り得ない」という発言そのものが、その人の考え方を象徴しているように思えます。

自分の常識=正解だと思っているパターンが多いので時代が経てば変わってしまう一般常識を信じているのです。

真理を掴む人は、常に自分の常識を「本当に正しいのだろうか」と疑います。
そして、第三者の意見を鵜呑みにせずに、自分で自問自答を繰り返し、「誰かがこう言っているから」ではない説明できるような人が真実・真理に出会います。



世の中は、真実を隠蔽し、誰かにとって都合の良い情報が一般常識として当然のように流れていることが多々あります。

そして、多くの人が常識に洗脳されて、自分の常識を超えることを否定します。

地球の学問では、まだ心理まで到達していません。
地球の科学では、まだ解明できない出来事だらけです。

地球は四角い板の上に乗っていることが常識で、「地球は球体だ」と唱えた人がキチガイ扱いされた時代があったことを知って下さい。

地球を中心に空(星)が回っていると信じられていた時代があることを知ってください。

もっと常識を疑いましょう。
いつでも自分の常識を180度変えられる柔軟な姿勢でいましょう。


宇宙人はいませんか?

死後の世界はありませんか?

資本主義はずっと続きますか?

911テロはアルカイーダが起こしましたか?

地球温暖化の原因はCO2ですか?



あなたの「当然」を覆す柔軟な姿勢を心がけてください。

準備は良いですか?

→→ 全国人気哲学・思想ブログランキングはココ
▲クリックすると、筆者の記事を書く活力に繋がります。 一日一度のクリックをご協力お願いします▲

拍手する
テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://bestflow.blog36.fc2.com/tb.php/9-247f6f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。